末松信介 文部科学大臣がポートアイランド地区を視察に訪れました

2021年11月18日

2021年11月13日、末松信介文部科学相(参院兵庫県選挙区)が、神戸・ポートアイランドを訪れ、神戸市医療産業都市構想の中核的な研究施設であるクリエイティブラボ神戸(CLIK)内の神戸大学発バイオ・ベンチャー、及び医学部附属病院国際がん医療・研究センター(ICCRC)にある国産初の手術支援ロボット「hinotori™(ヒノトリ)」などを視察されました。

CLIK内では研究施設の概要紹介ののち、近藤昭彦副学長の案内のもと、神戸大学のバイオ・ベンチャーの概要、事業規模などが説明され、実際の研究ラボを視察されました。

この後、場所をICCRCへ移動し、藤澤正人学長と、山口雷藏副センター長により、「hinotori™」と5Gを活用した遠隔手術支援・指導を可能にする実証実験を行っていることを説明しました。また、藤澤学長は、医療機器開発において日本企業が欧米勢より大きく遅れている原因として、医療機器等を開発する企業と医療現場とをつなぐ人材の不足であると問題点を述べ、神戸大は医工連携の人材を育成する大学院の専攻や学部の新学科を数年内に新設すると説明しました。

関連リンク