1. HOME
  2. お知らせ
  3. お知らせ
  4. 国連世界観光機関(UNWTO)ベストツーリズムビレッジセミナー2022を開催しました

国連世界観光機関(UNWTO)ベストツーリズムビレッジセミナー2022を開催しました

2022年05月19日

セミナーで紹介されたUNWTOの取組みを紹介する美山DMOのウェブサイト

神戸大学創立120周年記念事業の一環として、5月10日に、UNWTO駐日事務所との共催により、観光庁と関西観光本部の後援を受けて「国連世界観光機関(UNWTO)ベストツーリズムビレッジセミナー2022」を開催しました。自治体・政府機関、観光事業者、大学をはじめ各界から数多くの申し込みをいただき、オンラインによる配信に対して、100名近くが参加する盛会となりました。また、セミナーの概要は北海道や京都などから報道各社によって配信されました。

「ベストツーリズムビレッジ」は、持続可能な観光を推進するために農村観光地域の優良事例を表彰するUNWTOのグローバルなプロジェクトです。ベストツーリズムビレッジを紹介するこのセミナーでは、プロジェクトの解説のほかに、2021年に表彰された日本の三地域(北海道ニセコ町・京都府南丹市美山町・北海道美瑛町)の取組みが発表されました。質疑応答では、研究者のほかに、観光庁や政府観光局をはじめとする実務家も交えた意見・情報交換が行われました。

神戸大学は、2021年12月の国連世界観光機関(UNWTO)総会を経て、UNWTO賛助加盟員となりました(日本で21番目)。また、賛助加盟に関する学内の主管部局である国際文化学研究科は、2022年4月に国際文化学研究推進インスティテュートに地域連携センターを設けました。国際文化学研究科は、ローカル(地域連携)とグローバル(国際協力)をつなぐものとして、「ベストツーリズムビレッジ」プロジェクトをはじめとしてUNWTOとの共催事業を今後も行い、観光分野での異分野共創研究教育の構築と産学連携を進める予定です。

 

(国際文化学研究科)