戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)に採択されました-「全体俯瞰設計と製品設計の着想を支援するワークスペースの研究開発」

2014年11月07日

製品設計の超上流で活用するこれまで実現されていない設計ツールを研究開発する新しいプロジェクトが、内閣府の大型予算である「戦略的イノベーション創造プログラム」(SIP)に採択されました。

このプロジェクトは,本学と(独)理化学研究所、ほか多数の学外機関との共同体制で進める5年間の大型プロジェクトで、本学ではシステム情報学研究科の小野謙二客員教授が代表者となります。本プロジェクトでは、ものづくりの設計上流において、市場動向、性能、コストなど異なる評価軸を俯瞰した全体設計による意思決定支援、および革新的な製品コンセプトの鍵となる設計アイデアの着想を支援する技術研究開発を実施します。

関連リンク

(システム情報学研究科)