[法学研究科] 曽我謙悟教授が第10回日本学術振興会賞を受賞

2013年12月26日

所属・職・氏名
法学研究科 教授 曽我謙悟
受賞日
平成25年12月13日
受賞名
日本学術振興会賞
受賞の対象となった研究業績
現代の民主制各国における官僚制の理論的・計量的分析
概要

平成25年12月13日(金)に独立行政法人日本学術振興会より、第10回「日本学術振興会賞」の発表があり、本学から法学研究科・曽我謙悟教授が日本学術振興会賞を受賞しました。現代日本の行政のあり方について、理論的に厳密な検討を加えた上で、統計データを用いた他国との比較分析を行うことで、その特徴を解明してきた一連の業績を評価されたものです。

「日本学術振興会賞」は、研究者養成事業の一環として、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を顕彰し、その研究意欲を高め、研究の発展を支援することにより、我が国の学術研究の水準を世界トップレベルにおいて発展させることを目的に創設されたもので、人文・社会科学及び自然科学のあらゆる分野にわたる研究者25名に授与されます。

なお、授賞式は平成26年2月に、日本学士院 (東京都) において行われます。

関連リンク