「神戸大学の安全及び労働衛生に係る表彰」が行われました

2020年10月07日

(左から武田廣学長、磯野吉正教授、杉村和朗理事)


10月5日に全国労働衛生週間(10月1日~10月7日)のイベントとして、「神戸大学の安全及び労働衛生に係る表彰」が行われ、工学研究科の衛生管理専門委員会(代表者・委員長 磯野吉正教授)が表彰されました。

同委員会は、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中で、本学における活動制限指針のレベルに沿った形で工学研究科及びシステム情報学研究科の実情にあわせた部局独自の指針を、都市安全研究センター(兼務附属病院感染症内科)大路剛准教授の協力のもと作成し、教職員及び学生に対して順守すべき感染防止対策事項を的確にわかりやすく伝達されました。

これらのことは、六甲台地区の安全衛生委員会でも報告され、他の部局の感染防止対策として非常に参考になるものであり、本学の安全及び労働衛生の確保に資するものと評価され、被表彰団体として選考されました。

表彰式は学長室において行われ、学長から表彰状が授与されました。


関連リンク

神戸大学大学院工学研究科・工学部

(総務部人事課)