「神戸大学の安全及び労働衛生に係る表彰」が行われました

2021年10月06日

(右から藤澤正人学長、宮良高維特命教授)


10月5日に全国労働衛生週間(10月1日〜10月7日)のイベントとして、「神戸大学の安全及び労働衛生に係る表彰」が行われ、医学部附属病院感染制御部の代表者として宮良高維特命教授が表彰されました。

感染制御部は、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中で、附属病院内におけるマニュアルの作成や感染者が発生した場合の初動対応などの感染防止対策はもちろんのこと、大学行事や入学試験等の実施、対面講義実施の際の感染防止対策、学生寮での感染者発生時の対応策、新型コロナワクチン職域接種の実施方法など、現地に複数回赴いて担当職員と協議し助言を行っていただいた点は、全学における安全及び労働衛生について特に顕著な実績があったものと評価され、被表彰団体として選考されました。

表彰式は学長室において行われ、学長から表彰状が授与されました。


関連リンク

神戸大学医学部附属病院・感染制御部

(総務部人事課)