広報業務研修会を開催しました

2021年11月10日

11月4日、理学研究科Z棟201・201室において、「2021年度広報業務研修会」を開催し、職員ら33名が参加しました。

今回の研修会は、日常広報業務を担当される方を対象に、「わかりやすい文章の書き方」及び「広報写真の撮り方」という2部構成の内容で、業務にすぐ役立つ「実戦型研修」を展開することで、より効果的な広報活動へつなげることを目的に開催しました。

第1部では戦略企画室広報・基金部門特命教授の太田貞夫先生から『わかりやすい文章の書き方』と題して説明がありました。文章を作成する際はいきなり書き始めず、伝えたい項目、重要な項目を整理することと、起承転結や序破急の組み立てを意識することについて説明がありました。また、誰に、何を、どう伝えようとしているのかを意識して適切に表現することや、作成した文章を第三者の目で読み直すこと等について説明がありました。

戦略企画室広報・基金部門 太田特命教授

 

 

第2部では神戸新聞お客様センターシニアアドバイザー(元デイリースポーツ写真部長)の金居光由氏から『広報写真の撮り方と心得』と題して講演が行われました。カメラの基本知識と操作方法について説明があり、また、実際に撮影された写真を見ながら、写真撮影の技術やカメラの使い方等を学びました。

今後も全学を挙げて広報活動を展開していくうえで有意義な研修を提供していきたいと思いますのでご参加ください。

金居光由氏

(総務部広報課)