「平成30年北海道胆振東部地震」による災害について

2018年10月19日

【学生の皆様へ】

平成30年北海道胆振東部地震による災害により被災された学生及びそのご家族の皆様へ
 このたびの地震により被災された学生及びそのご家族の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

「平成30年北海道胆振東部地震」への対応について(2018.10.16)
●休学について

 (被災された学生)
 被災した学生が災害を理由として休学を希望する場合は、本人の願い出等により1年間を限度として休学を許可し、教学規則で定める休学期間には含めないものとします。
 また、休学の開始日については、10月1日に遡及できるものとし、休学期間中の授業料は免除します。

(ボランティア活動を行う学生)
 学生が平成30年北海道胆振東部地震に関連するボランティア活動を理由として休学する場合は、本人の願い出等により1年間を限度として休学を許可し、教学規則で定める休学期間には含めないものとします。

詳細については、所属する学部・研究科の教務学生係にお問い合わせください。

参 考
 ・大規模自然災害に伴う学生の休学等に関する神戸大学教学規則等の特例を定める規則
 ・「大規模自然災害に伴う学生の休学等に関する神戸大学教学規等の特例を定める規則」の対象とする災害について


●奨学金制度について

 被災された学生に対して、奨学金の緊急・応急採用、一時金給付の募集があります。
詳細については、以下の項目をクリックしてください。

 日本学生支援機構 緊急・応急採用、神戸大学基金緊急奨学金


●ボランティア活動について
 現地でのボランティア活動を希望する学生は、ボランティア受け入れに関する最新の情報を収集した上で、災害ボランティアを行ってください。
 ただし、公欠の願い出の対象にはなりません。

 

(学務部学務課)