キャンパスアジアプログラム:リスク・マネジメントセミナーを開催します

2018年12月18日

神戸大学キャンパスアジアプログラムでは、コンソーシアム大学である高麗大学及び復旦大学より講師を招聘し、朝鮮半島およびアフリカ地域の安全保障をテーマに「リスク・マネジメントセミナー」を開催します。ふるってご参加ください。事前申し込みは不要です。セミナーの概要は以下のとおりです。

開催概要

チラシ(PDF形式)
日時
2018年12月26日(水) 8時50分~12時10 分
会場
神戸大学大学院国際協力研究科棟 4階 408号室
[六甲台第1キャンパスの No.40]
講師:
1限目
KIM Seok-joon氏(高麗大学校 国際大学院 助教)
テーマ:「Nuclear Risk on the Korean Peninsula -The Logic of Power and the Logic of Reassurance-」
2限目
SUN Fanglu氏(復旦大学 国際関係・公共事務学院 助教)
テーマ:「Data for Peace: Improving Early Warning System for Conflict Prevention」
使用言語
英語
対象
神戸大学に在学中の修士課程・博士課程院生
問い合わせ先
神戸大学キャンパスアジア室
Email:gsics-caoffice[at]edu.kobe-u.ac.jp
リンク

(国際協力研究科)