令和2年度後期における授業等の取扱いについて

2020年09月08日

学生のみなさんへ

 

神戸大学では、後期の授業が始まる10月1日から、「神戸大学の活動制限指針」の「授業(講義・演習・実習)」及び「学生の入構」を「レベル1」とすることといたしました。

8月11日に「令和2年度後期の授業実施について」でお知らせしましたように、遠隔授業を中心としつつ、一部の講義、演習、実験又は実習については、十分な感染防止措置を講じた上で、対面により実施することがあります。

対面により実施する講義、演習、実験又は実習については、授業開講学部・研究科等で確認してください。

また、学期途中であっても、今後の地域の感染状況や学内での感染者の発生によっては、対面から遠隔授業に切り替える可能性があります。

 

授業を受講する際は以下のことに気を付けてください。

 

・授業受講時には、手指を備え付けの消毒液で消毒し、マスクを着けてください。

・体調不良の場合は登校しないでください。その際は、所属学部・研究科の教務担当係に連絡してください。

 「 神戸大学感冒様症状者にかかる届出制度

・持病等により対面での授業を避ける必要がある場合は所属学部・研究科の教務担当係に申し出てください。

・日常的に、新型コロナウイルス感染を防止するために、次の動画や資料を利用し、各自十分に気を付けてください。

 「新型コロナウイルス感染症拡大予防講習会

 「新型コロナウイルス感染症拡大予防講習会資料

・体調チェックシート(PDF) (Excel)を活用し、健康管理を行ってください。
      学部・研究科等から別途指示がある場合は、その指示に従ってください。

関連リンク

令和2年度後期の授業実施について

(学務部学務課)