KobeU×NTU2020 GLOBAL DATA CHALLENGE WORKSHOP 参加者募集

2020年09月14日

海外協定機関である南洋理工大学(シンガポール)と共同で開催します。

このワークショップでは、神戸大学と南洋理工大学の学生が共同でチームを組み、観光都市神戸を舞台にした様々な観光ルートを模索していきます。
ワークショップ初日は、データの取り扱い方や分析手法についての講義を受け、チームの編成を行います。その後は、チーム単位で適宜ミーティングを行いながら、観光ルートについての検討を行い、プレゼンテーションの準備を行います。最終日はチームごとにプレゼンテーションを行います。

このワークショップでは、南洋理工大学の学生と同じチームでやり取りをしながら進めていくため、英語でのコミュニケーションが中心です。しかも対面ではなく、オンライン上でやり取りを重ねながら一つの結果を導き出すという難易度の高いワークショップですが、必ず自分の力となりますので、みなさんの積極的な参加を心よりお待ちしています。

不安な点や確認したい点などございましたら、お気軽に神戸大学 数理・データサイエンスセンターまでお問合せください。

 

【開催概要】
日程:10/20(火)・10/29(木)
※ワークショップ自体は10/20、10/29の2日間のみの開催ですが、10/20~29の間に適宜チーム内でデータ解析・ミーティングなどを行っていただきます。
※ワークショップの出席は全員出席を求めますが、途中のスケジュールに関してはチームに委ねます。

【対象者】
神戸大学の全研究科の修士、博士課程学生 南洋理工大学の学生
※学部生であっても、チャレンジしてみたいと思う方は、数理・データサイエンスセンターへご連絡ください。

【募集人数】
10~15名程度(※応募者多数の場合、選考を行う場合があります。)

【注意事項】
英語でのコミュニケーションが中心となります。

【申込締め切り】
2020年10月12日(月)

詳細は、こちらをご覧ください

(数理・データサイエンスセンター)