兵庫県からの要請について

2021年05月11日

学生の皆さんへ

教育担当理事・副学長
                              大村 直人

このたび、兵庫県から緊急事態宣言下において、感染者に占める若い世代の割合が高いこと等を踏まえ、県内の大学等に対し、改めて感染防止対策強化の実施について下記のとおり要請がありました。
 つきましては、今一度、マスク着用の徹底などの感染予防に留意していただきますようお願いいたします。

 


1 授業形態
  対面授業の実施の際には、感染防止対策の徹底を要請しているが、若い世代の感染者が急増している状況を踏まえ、
 さらなる感染防止の徹底を図るため、オンライン授業を積極的に活用
 (対面授業の実施の際の感染予防対策の強化)
  ○キャンパス・校舎内や通学時等のマスク着用の徹底、時差通学の推進


2 部活動・サークル活動
 ○部活動・サークル活動は、実施しない
 ○ただし、下記※の大会への参加及び当該大会への参加に向けて、大学等が必要と判断し、活動を行う場合には、以下
  を遵守
  ・合宿等、宿泊を伴う活動は実施しない
  ・更衣室・部室でのミーティング時、試合等における部員の応援時にはマスクを着用
  ・近距離で飛沫が飛ぶ接触は避ける
  ※中央競技団体・文化関係連盟等が主催する大会(その予選を含む。)及び国民体育大会(その予選を含
   む。)。)
   参加する際は、主催者の行う感染予防措置を確認するとともに、その徹底を図る 
3 外出・飲食
  学生・教職員に対する以下の点の徹底
  ・日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛の徹底
  ・感染防止対策を講じていない施設の利用の自粛
  ・飲食店、路上や公園等での飲酒をしない
  ・会話の際は、マスク等により飛沫を防止
  ・学生食堂等では、マスクを外しての会話を控え、食事後は速やかに退出
  ・学生食堂等の学内の飲食施設では、座席配置の工夫、アクリル板の設置等による感染防止対策を徹底