宿泊を伴う課外活動の禁止について

2021年08月24日

学生の皆さんへ

教育担当理事・副学長
大村 直人

 

現在、本学では、兵庫県からの要請に従い、県外での活動及び県内での宿泊を伴う活動については、原則として禁止しています。ただし、キャンセル料が発生するなどにより、やむを得ず活動を実施する場合においては、感染防止対策の徹底とともに受入先の意向、参加人数、移動方法など実施可能であることを十分に確認していることなどを条件にその活動を認めてきました。

しかしながら、現在流行しているデルタ株の新型コロナウイルスは感染力が非常に強く、合宿中に感染者が発生すると皆さんの活動が中止に追い込まれるだけでなく、宿泊先の自治体や宿泊施設まで多大な影響が及びます。このような事情と、本学においても新型コロナウイルス感染者が急増していることを鑑み、当分の間、宿泊を伴う課外活動の実施については全面的に禁止することとしました。

学生の皆さんにおかれては、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。