1. HOME
  2. 教育・学生生活
  3. 卒業生
  4. ホームカミングデイ
  5. 第16回神戸大学ホームカミングデイ

第16回神戸大学ホームカミングデイ

開催概要

ごあいさつ

学長写真
神戸大学長  藤澤  正人
 

 神戸大学は1902(明治35)年を創立の起点としており、今年で120周年を迎えました。建学以来、『学理と実際の調和』という理念の下、普遍的価値を有する「知」を創造するとともに人間性豊かな指導的人材を養成することを使命として、この120年の間に研究、教育、社会貢献などの分野で数多くの輝かしい成果を創出してきました。

 この伝統を承継するとともに研究と教育の両輪において新しい時代を見据えた「傑出する“知”を創る」「卓越する“人”を創る」ことに加えて社会の発展に貢献することを使命とし、さらにはその環境面の充実を図り、学術的な文理融合のみならず、産官学の協働の場として成果を発信する「異分野共創研究教育グローバル拠点」の実現を目指して参ります。

 さて、『振り返れば六甲の山並~あの頃の友に会いたい』をキャッチフレーズに2006年に始まりました神戸大学ホームカミングデイは2020年度以降、コロナ禍でオンラインでの開催となっておりましたが、今年は感染対策を講じて3年ぶりに皆様をキャンパスへお迎えして留学生ホームカミングデイと合同で開催いたします。

 記念式典では本学卒業生による講演を予定しており、各学部企画では卒業生・教員・学生による講演、ポスター展示、キャンパスツアー等工夫を凝らした企画を用意しております。

 母校のキャンパスで懐かしい同窓生の方と旧交を温めていただくとともに、教職員、学生、名誉教授との交流も深めていただきながら、「神戸大学の今」に触れ、大学への理解を一層深めていただければ幸いです。

 各学部とも特定の卒業年次の方に案内状をお送りしておりますが、卒業年次にかかわらず、より多くの皆様にご参加いただき、神戸大学を満喫していただければと思います。

 大学をあげて皆様のお越しをお待ちしております。