1. HOME
  2. 教育・学生生活
  3. 教育
  4. 公開講座等
  5. 平成24年度
  6. 公開講座 学びの流儀ー教育制度の西・東ー

公開講座 学びの流儀ー教育制度の西・東ー

講座の開設主旨・目的

グローバル化や情報化が急激に進む中、学習や教育のありかたも大きく変化しつつあります。神戸大学文学部では、今年十月から「神戸オックスフォード日本学プログラム」が始まります。このプログラムは、神戸大学とイギリスのオックスフォード大学の間で結ばれた大学間協定に基づき実施されるもので、オックスフォード大学東洋学部日本学専攻の二年生十二名が、神戸大学文学部で日本語や日本研究を一年間集中的に学習することになります。また、オックスフォード大学ハートフォードカレッジと文学部の間での交換留学生制度も合わせて開始されます。

今年の公開講座は、このような画期的な国際的教育プログラムの開始を記念して、学習や教育のあり方を改めて考え直すため、ヨーロッパとアジアの特徴的な「学びの流儀」のいくつかを取り上げてみたいと思います。

それぞれ哲学、社会学、中国史、アラブ史を専門とする四名の教員が担当いたしますが、二週とも、講師の間での意見交換も含めた質疑応答の時間を十分にとる「フォーラム」形式で行ってみたいと思います。奮ってご参加ください。

講義日程・題目及び講師

講義日 時間 講義題目 講師
  9月22日 (土) 13:30~13:40 開講挨拶 文学部長 藤井 勝
1 13:40~15:10 ギリシア哲学と“学び” 准教授 茶谷 直人
2 15:20~16:50 フランスの教育制度-日本との比較の視点から- 准教授 白鳥 義彦
3 9月29日 (土) 13:30~15:00 前近代中国の教育と官僚 准教授 村井 恭子
4 15:10~16:40 アラブ・イスラム文化圏の学問と教育 准教授 伊藤 隆郎
連絡先