科学技術イノベーション研究科 学位授与に関する方針

神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科は、学際領域における先端科学技術の研究開発能力とともに、知的財産化、生産技術開発、市場開拓までの学術的研究成果の事業化移行プロセスをデザインするアントレプレナーシップを兼ね備えた理系人材を養成することを目指している。この目標達成に向け、本研究科では、教育課程を通じて授与する学位に関して、国際的に卓越した教育を保証するため、以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

博士課程前期課程

神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科は、前期課程において,学際領域における先端科 学技術の研究開発能力とともに、知的財産化、生産技術開発、市場開拓までの学術的研究成果の事 業化移行プロセスをデザインするアントレプレナーシップを兼ね備えた理系人材を養成することを 目指している。この目的を達成するため、本研究科では、教育課程を通じて授与する学位に関して、国際的に卓越した教育を保証するため、以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

学位:修士(科学技術イノベーション)

神戸大学のディプロマ・ポリシーに基づき、科学技術イノベーション研究科は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本研究科に2年以上在学し、本研究科規則に定める修了に必要な単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに本研究科学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 「人間性」
      • 豊かな教養を備え、様々な立場の人々と協働して課題を解決する力。
      • 科学技術が社会へ及ぼす影響について理解し、高い倫理性に基づき適切に行動できる力。
    • 「創造性」
      • 複眼的視野及び学際的視点に立ってものごとを考えることができる力。
      • 科学技術で新たな社会的価値を創造するための課題を自ら設定し、その解決に向けた取り組みを進めることができる力。
    • 「国際性」
      • グローバルな視野に立って研究に取り組み、その成果を論理的かつ明瞭な言葉によって発信することができる力。
    • 「専門性」
      • 各自の研究分野における卓越した専門知識と他分野並びにアントレプレナーシップに関する基礎知識を修得することにより、専門的かつ学際的な観点から研究を行う力。

博士課程後期課程

神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科は,後期課程において,学際領域における先端科学技術の研究開発能力とともに,知的財産化,生産技術開発,市場開拓までの学術的研究成果の事業化移行プロセスをデザインするアントレプレナーシップを兼ね備えた理系人材を養成することにより,新たにベンチャー企業を立ち上げる「独立企業家」や,既存企業や研究機関等における「企業内企業家」等の自らイノベ-ションを創出できる人材(科学技術アントレプレナ-)及び科学技術イノベーションに関する研究教育を実践できる研究者・教育者となる人材を輩出することを目指している。この目標達成に向け,本研究科では,教育課程を通じて授与する学位に関して,国際的に卓越した教育を保証するため,以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

なお,学生が身に付けるべき共通の能力としては,「人間性」,「国際性」,「専門性」,「創造性」を想定している。

学位:博士(科学技術イノベーション)

神戸大学のディプロマ・ポリシーに基づき,科学技術イノベーション研究科は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本研究科に3年以上在学し,本研究科規則に定める修了に必要な単位を修得し,かつ,必要な研究指導を受けた上,博士論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし,在学期間に関しては,優れた研究業績を上げた者については,短縮して修了することができる。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,修了までに本研究科学生が身に付けるべき能力を次のとおりとする。

 

  • 「人間性」
  • 豊かな教養を備え,様々な立場の人々と協働して課題を解決する力。
  •  科学技術が社会へ及ぼす影響について理解し,高い倫理性に基づき適切に行動できる力。 
  • 「国際性」
  •   グローバルな視野に立って研究に取り組み,その成果を論理的かつ明瞭な言葉によって発信することができる力。
  •  「専門性」
  •   先端科学技術の各専門分野(バイオプロダクション,先端膜工学,先端 IT 及び先端医療学)の知識を融合しつつ多面的に探求することで,独創的な科学技術ブレークスルーにつなげることができる専門的な力。
  • 「創造性」
  •  理系領域における高度な専門性に基づき,科学技術ブレークスルーとなる研究成果をあげて,それを基に経済的・社会的な価値につながる新しい製品やサービスのコンセプト(イノベーション・アイデア)をデザインする,逆にイノベーション・アイデアにつながるような科学技術ブレークスルーのテーマをデザインすることができる力。
  • イノベーション・アイデアを具体的なイノベーションにつなげて,独立起業や新規事業を立ち上げるなど,実践可能な質の高いイノベーション・ストラテジー(研究開発と事業化にむけた戦略) を構築できる力。