1. HOME
  2. 教育・学生生活
  3. 経済支援
  4. 学生等の学びを継続するための緊急給付金について

【二次推薦募集】
 学生等の学びを継続するための緊急給付金について [受付終了]

2021年12月24日掲載
2021年12月27日更新
2022年01月15日更新
2022年02年04日更新
2022年02月16日更新

  • 受付は終了しました。
  • 本ページにつきましては、文部科学省等より追加情報があった場合等には随時更新しますので、こまめに本ページを確認するようにしてください
[二次推薦の募集]を開始します。

一次推薦は令和4(2022)年1月4日(火) ~ 14日(金)で終了しています。

二次推薦は令和4(2022)年2月4日(金) ~ 15日(火)で終了しています。

 

【★二次推薦の注意事項】
  • 既に一次推薦時に申請済の者は申請できません。
  • 一次推薦に申請済の者で、一部、審査を要し、現時点給付金が振り込まれていない場合がありますが、その場合は、改めて二次推薦に申請する必要はありません。(現在、審査中となります。)
【★申請時に多い記入誤り等】
  • 本ホームページにある神戸大学の様式を使用してください。(本ホームページ以外(文部科学省等)からダウンロードした様式は使用できません。

  • 様式2の申請要件①~⑤は、「すべて満たす(チェックする)」ことが前提です

  • 様式2の申請要件①について、「 原則、自宅外で生活している学生が対象 」です。 自宅生についても、家庭から学費等の援助を受けておらず、経済的に家庭から自立している学生は対象となり得ますが、この場合は、 必ず、「家庭から学費等の援助を受けておらず自ら賄っていること、授業料や通学費の支払者が誰であるか」が判るよう、自己申告書の提出が必要です。

  • 様式2の申請要件③について、新型コロナウイルス感染症対策に係る公的支援の受給証明書等のコピーを提出できない場合は、様式1の「3.申し送り事項」にて、「新型コロナウィルス感染症の影響での家庭の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できない」旨の事情を、必ず記入してください。(この場合に記入がなければ、申請要件を満たさず、申請できません。

  • 様式2の申請要件⑤について、1)または2)に該当しない場合も、3)に該当する場合は申請要件⑤を満たします。例えば、神戸大学授業料免除対象者は、3)にチェックできます

  • 振込先となる銀行口座を確認するための書類の提出が必要となっています。振込先口座をWEB入力した直後にダウンロードできる入力情報(口座登録完了画面)ではなく、必ず、 通帳のコピーかキャッシュカードのコピーで、銀行名・支店コード・口座番号・あなたの氏名が明記されているものを提出してください。

  • 自宅外通学の証明書類は、必ず、 本人氏名と下宿先の住所が明記されたものを提出してください。
    (賃貸借契約書のコピー、直近の光熱水料金の支払証明書、住民票の写し 等)

  • 私費留学生を除き、最新の住民税課税(非課税)証明書の提出が必要です。 申請者本人 及び 父・母(ひとり親の場合は一方のみ)の分を、漏れなく提出してください。提出がない場合、推薦優先順位を下位としますので、限られた推薦枠の中で推薦対象外となることがあります。

【概要資料】学生等の学びを継続するための緊急給付金本給付金は、今般の新型コロナウイルス感染症の影響で、世帯収入・アルバイト収入の減少により、学生生活にも経済的な影響が及んでいる状況の中で、大学での修学の継続が困難になっている学生が修学をあきらめることがないよう、独立行政法人日本学生支援機構から現金給付の支援を行うものです。

支給額 : 10万円

支給対象者 : 学部生、大学院生 (研究生、聴講生、科目等履修生を除く)

原則として、家庭から自立してアルバイト等により学費を賄っていること新型コロナウイルス感染症の影響でその収入が大幅に減少していること等が条件となります。(「申請の手引き」P.4参照)

本件緊急給付金を希望する学生は、以下に記載されている内容を確認し、期日に遅れることのないよう手続きを行ってください。

(1) 日本学生支援機構の給付奨学金が、2021年12月10日に振込のあった者(旧制度・新制度問わず)
(1) 学部生のうち、高等教育の修学支援新制度の給付奨学金及び平成29年度に開始した給付奨学金の受給者で、2021年12月10日に給付奨学金の振込のあった者

給付奨学金の支給を受けている方へ(JASSO) 申請手続きは「不要」 です。

自動的に支給対象者となり、日本学生支援機構給付奨学金の振込口座に順次振り込まれます。

なお、対象者には、12月22日付けで詳細を学籍番号のメールアドレス宛に送信していますので、必ず確認してください。

 

(2) 大学院生 及び 上記(1)以外の学部生

申請手続きが「必要」 です。

以下に記載されている内容を確認し、期日に遅れることのないよう手続きを行ってください。

申請方法(郵送のみ)

『申請の手引き』を熟読し、支給対象者の要件を満たすかどうか確認のうえ、下記「提出書類等」に記載の書類を添えて提出期限までに郵送してください。

申請の手引き(学生用)

不足書類や記入不備が発生しないように十分注意してください。

受付期間

(一次推薦:終了しました) 令和4(2022)年1月4日(火) ~ 14日(金) 17時必着(厳守)

(二次推薦:終了しました)  令和4(2022)年2月4日(金) ~ 15日(火) 17時必着(厳守)

送付先

〒657-8501 神戸市灘区鶴甲1丁目2-1

神戸大学学務部学生支援課(緊急給付金特別チーム)

 ※ 下記より送付用ラベルをダウンロードして、必ずレターパックライトの「お届け先(To)」の欄に貼り付けて提出してください。ご依頼主シールは必ず保管し、追跡番号を使って郵便局HPにてご自身で書類の到着を確認してください。(必ずレターパックライトを使用してください。)

送付用ラベル

※ 海外からの郵送は受付できません。

提出書類等

No. 様式名 留意点/対象者
1. 「様式1 申請書」及び「様式2 誓約書」 ※神戸大学では様式1及び様式2を1つのファイルにまとめていますので、左記リンク先のファイルを ダウンロードして使用 してください。
※入力方法等を記載しているシートを必ず確認のうえ、入力してください。
2. アパート等の賃貸借契約書の写し 自宅外生の場合
3. 家族からの学費等の援助を受けず、自ら賄っていることの自己申告書(A4サイズ、様式任意) 自宅生の場合
自己申告書は、授業料や通学費の支払者が誰であるかも判る内容とし、個別具体的な家庭の事情を踏まえ、丁寧に作成してください。自宅生において、これら内容の記入がない自己申告書であったり、自己申告書の提出自体がない場合は、要件を満たさず、申請できません。
4. 新型コロナウイルス感染症対策に係る公的支援を受けている受給証明書等の写し  A4サイズ、提出対象者で提出可能な場合
5. アルバイト先からの給与明細の写し
又は 預貯金通帳の写し
減額前・減額後
A4サイズ
6. 奨学生証など奨学金認定書の写し A4サイズ、提出対象者で提出可能な場合
7. 令和3年度 住民税課税(非課税)証明書
 ・申請者本人
 ・父、母(ひとり親の場合はその一方のみ)
私費留学生以外
※コピー不可、本紙を提出
※自治体によっては課税(非課税)証明書に所得の記載がない場合があります。その場合は課税(非課税)証明書と併せて所得証明書も提出してください。
※令和3年1月1日に日本に在住していない者等で提出が不可能な場合は除きます。この場合は、その旨を申し出てください。
8. 健康保健者証 独立生計の場合
※本人又は配偶者が健康保険等の 被保険者 であること(父母等の健康保険の 被扶養者 である場合は、独立生計とは認められないため提出は不要)
9. (様式3)経済状況申立書 私費留学生の場合
10. 銀行振込先口座情報の入力
(銀行振込先申請要領)
※ 神戸大学「個人向け 銀行振込先情報申請」画面より振込口座情報を入力してください。(振込口座は日本国内の銀行の 普通預金口座 に限ります。)
※ 日本学生支援機構の奨学生は入力不要です。ただし、日本学生支援機構の奨学生であっても日本学生支援機構に登録している口座が解約済であるなどの理由により、学生等の学びを継続するための緊急給付金の受取りに支障がある場合は入力してください(日本学生支援機構の奨学金の登録口座については、別途、変更の届出が必要です)。
11. 振込先情報が確認できる書類
(預貯金通帳の写し等)
A4サイズ
※上記No.10で入力した場合は、入力した内容が確認できるものを提出

 

その他

  • 不明な点があれば、「申請にあたってのQ&A」(『申請の手引き』P.7~8)を確認してください。
  • 上記のQ&Aを見てもわからない内容については、下記問い合わせ先にメールにより問い合わせしてください。
  • 本件につきましては、文部科学省等より追加情報があった場合は随時更新しますので、更新情報には注意してください。
  • 決定通知は、振込をもって代わりとさせていただきます

問い合わせ先

神戸大学学務部学生支援課(緊急給付金特別チーム)

メールアドレス : stdnt-corona-shien[at]office.kobe-u.ac.jp (※[at]を@に変更してください。)