新たな給付奨学金制度の対象校になりました

2019年09月30日

※ 本ページは現時点の最新情報です。今後、文部科学省および日本学生支援機構にて、変更の可能性があります。

2020年度以降、国の施策「高等教育の修学支援新制度」により、日本学生支援機構(JASSO)による給付奨学金の拡充および新しい授業料免除制度の制定が予定されています。

このたび、本学は同制度の対象校(確認大学等)になりました。ついては、 10月下旬頃に新制度の説明会 を行い、 11月上旬頃に在学予約の申請受付 を行う予定です。今後、本制度の手続き等を本学ホームページ(日本学生支援機構・新着情報)に掲載しますので、随時確認してください。

また、2020年度以降、 給付奨学金と入学料・授業料免除が連動 する予定です。
入学料・授業料免除希望者はまず給付奨学金に申込をしてください。

注:在学予約対象者は、 2020年度進級予定の学部生(2019年度卒業予定者を除く) です。

注:留学生・大学院生の授業料免除については、本制度の対象ではありませんが、文部科学省にて別途検討中です。

注:本制度を希望する場合、家計要件と学力要件をどちらも満たしている必要があります。

注:給付奨学生は、家計の経済状況に応じて、第Ⅰ区分(標準額の支援)・第Ⅱ区分(標準額の2/3支援)・第Ⅲ区分(標準額の1/3支援)に分けられ、該当する区分に応じた金額が給付されます。

※ 家計要件:住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生。詳細は進学資金シミュレーター(日本学生支援機構ホームページ)で確認できます。

【参考】収入・所得の上限額の目安(単位:万円)

世帯
人数
想定する
世帯構成

(★)が給与所得者の世帯
(年間の収入金額)

(★)が給与所得者以外の世帯
(年間の所得金額)
第Ⅰ
区分
第Ⅱ
区分
第Ⅲ
区分
第Ⅰ
区分
第Ⅱ
区分
第Ⅲ
区分
 2人  本人、母(★) 229 332 402 131 197 251
 3人  本人、母(★)、中学生 289 391 457 172 241 295
 4人   本人、親①(★)、親②(無収入)、中学生 295 395 461 186 256 305
 本人、親①(★)、親②(給与所得者)、中学生 親①:295
親②:115
親①:336
親②:155
親①:409
親②:155
親①:169
親②:115
親①:195
親②:155
親①:246
親②:155
 5人 本人、親①(★)、親②(パート)、大学生、中学生 親①:321
親②:100
親①:395
親②:100
親①:461
親②:100
親①:207
親②:100
親①:256
親②:100
親①:309
親②:100

 

※ 学力要件:学修意欲があると認められる学生。詳細は下記のとおりです。「学修計画書」の詳細については追って掲載予定です。

 学年 学力要件
1年次生  次のいずれかに該当する者
(ア) 高等学校等の学習成績の平均値が3.5以上の者
(イ) 入試成績が在籍する学部(医学部は学科)の同学年で上位2分の1以内の者
(ウ) 高卒認定試験に合格した者
(エ) 学修計画書を提出して学修の意欲や目的、将来の人生設計等が確認できる者
2年次生
以上
 次のいずれかに該当する者
 なお、編入学生は、入学時における申請にあっては、学力基準を満たしているものとみなす。
(ア) 全ての学業成績に係るGPAが在籍する学部(医学部は学科)の同学年で上位2分の1以内の者(医学部医学科においては、別に定める。)
(イ) 取得単位数が標準取得単位数以上であり、かつ、学修計画書を提出して学修の意欲や目的、
将来の人生設計等が確認できる者