独立行政法人日本学生支援機構: 募集について

[ 「独立行政法人日本学生支援機構」のページに戻る ]

本学では、経済状況、学業及び人物を総合して選考の上、独立行政法人日本学生支援機構に推薦しています。

日本学生支援機構奨学金の概要

申込資格

経済的理由により修業に困難があると認められる人。ただし、留年(休学によるものは除く)、留学に相当する間は申込できません。過去に同一課程で第一種奨学金を受けたことがある人は、各奨学事務担当係までお問合わせ下さい。

外国人留学生は申し込むことができません。その他の外国籍の人は申込資格について、各奨学事務担当までお問合わせください。

奨学金の種類

ア. 給付奨学金 (給付・原則返還不要/学部生のみ対象)
人物・学修意欲ともに優れ、真に支援が必要な低所得者世帯の者と認定された者に対して給付されます。
給付奨学生は授業料・入学料免除の対象となります。
イ. 第一種奨学金 (無利子貸与・原則返還必要)
人物・学業ともに特に優れ、経済的理由により著しく修学に困難がある者と認定された者に対して貸与されます。
ウ. 第二種奨学金 (有利子貸与・原則返還必要)
人物・学業ともに優れ、経済的理由により修学に困難がある者と認定された者に対して貸与されます。
エ. 併用貸与
給付奨学金の給付や第一種奨学金の貸与を受けることによっても、なおその修学を維持することが困難であると認定された者に対しては、複数の奨学金を給付・貸与されることがあります。

給付額

  第Ⅰ区分月額
(標準額の支援)
第Ⅱ区分月額
(標準額の2/3支援)
第Ⅲ区分月額
(標準額の1/3支援)
学部生
(自宅通学者)
29,200円
(33,300円)
19,500円
(22,200円)
9,800円
(11,100円)
学部生
(自宅外通学者)
66,700円 44,500円 22,300円

(注) 大学院生は対象外です。

(注) 給付奨学生は家計の経済状況に応じて第Ⅰ区分(標準額の支援)・第Ⅱ区分(標準額の2/3支援)・第Ⅲ区分(標準額の1/3支援)に分けられ、該当する区分に応じた金額が給付されます。

(注) 生活保護世帯に属する者や児童養護施設等から通学している者は、カッコ内の金額となります。

貸与額

  給付受給
有無
第一種月額
(無利子)
第二種月額 
(有利子)
入学時特別増額
(有利子)
*単独申込不可
学部生
(自宅通学者)
第Ⅰ区分
受給中
0円 20,000円
30,000円
40,000円 
50,000円
60,000円 
70,000円
80,000円 
90,000円
100,000円
110,000円
120,000円
100,000円
200,000円 
300,000円 
400,000円 
500,000円
第Ⅱ区分
受給中
0円
第Ⅲ区分
受給中
20,000円
(25,000円)
受給なし 20,000円
30,000円
45,000円
学部生
(自宅外通学者)
第Ⅰ区分
受給中
0円
第Ⅱ区分
受給中
0円
第Ⅲ区分
受給中
13,800円
受給なし 20,000円
30,000円
40,000円
51,000円
修士課程
博士前期課程
法科大学院
- 50,000円
88,000円
50,000円
80,000円 
100,000円 
130,000円 
150,000円
博士課程
博士後期課程
80,000円 
122,000円

(注) 下線付きの月額は平成30年度以降入学者から適用されます。第二種金額については月額変更にて選択可能です。

(注) 法科大学院生で、第二種奨学金の貸与月額15万円を選択した場合、希望により4万円または7万円の増額貸与を受けることができます。

(注) 令和2年度より、給付奨学金受給者は第一種奨学金の貸与月額に制限がかかります。特に、第Ⅰ区分または第Ⅱ区分として給付奨学金を受給している間は、第一種奨学金の貸与月額が0円となります。

(注) 給付奨学金第Ⅲ区分受給者のうち、生活保護世帯に属する者や児童養護施設等から通学している者は、第一種奨学金の貸与月額がカッコ内の金額となります。

第二種奨学金 (利息付奨学金) の貸与利率

給付・貸与期間

原則として貸与開始の月から卒業 (修了) するまでの標準修業年限です。

採用の種類

在学予約 給付奨学金新制度の導入に伴って初年度のみ実施する制度です。次年度進級予定の真に支援が必要な低所得者世帯の学部生(本年度卒業予定者以外)が対象で、秋に申込を行い次年度春に採用されます。
予約採用 学部生については高等学校等で、 大学院生については入学予定の大学で申請期間中に申し込みを行い採用候補者として決定された者が、入学後に一定の手続きを経て採用されるものです。
在学採用 学部、大学院に在学している方が対象です。毎年春に募集しますが、採用されなかった場合も追加として採用される場合があります。(2年生以上も申請可。また、他の種類の奨学金への移行、併用への移行等の申請も可。)
緊急・応急採用 家計の急変、風水害等の災害等により、緊急に奨学金の貸与が必要となった者に対する制度です。随時募集を行っていますが申し込みは家計が急変してから1年以内に申し込む必要があります。
災害救助法適用地域一覧 (日本学生支援機構)
その他
海外の大学等に留学、進学する者に対し、下記の制度があります。
・海外派遣協定(給付型)に採用された方に追加で第一種奨学金を貸与する制度
・海外留学支援制度(大学院学位取得型)に採用された方に追加で第一種奨学金を貸与する制度
・短期留学者に第二種奨学金を貸与する制度

保証制度

奨学金の申込時に、機関保証制度か人的保証制度かを選択できます。事前によく検討のうえ、選択してください。

人的保証制度
連帯保証人、保証人を立てていただきます。必ず事前に承諾を得てください。
機関保証制度
保証機関に保証依頼の申し込みをしていただきます。(毎月の奨学金から保証料が差し引かれます。)

奨学金の募集

  学部   大学院
在学予約 

資料配付は10月下旬~、受付は11月中旬

令和2年度日本学生支援機構給付奨学金・授業料免除新制度「在学予約」申込の「臨時募集」について [2019.11.20]

令和2年度日本学生支援機構給付奨学金・授業料免除新制度「在学予約」の募集について [2019.10.15]

募集なし
予約採用

募集は高校在学時、受付は入学後4月

学部1年生の皆さんへ 日本学生支援機構予約採用候補者の「進学届」提出期間の再延長について[2019.06.13]

学部1年生の皆さんへ 日本学生支援機構予約採用候補者の「進学届」提出期間の延長について[2019.04.25]

学部・大学院 新入生の皆さんへ 日本学生支援機構奨学金採用候補者の方の手続きについて

資料配付は8月~、受付は10月中旬(法科大学院のみ資料配布は10月下旬~、受付は1月中旬)

令和2年度日本学生支援機構奨学生採用候補者 (大学院予約採用) の募集について [2019.07.17]

令和2年度日本学生支援機構奨学生採用候補者 (法科大学院予約採用) の募集について[2019.10.01]

学部・大学院新入生の皆さんへ 日本学生支援機構奨学金採用候補者の方の手続きについて [2019.03.12]

在学採用

資料配付は3月末~、受付は4月~5月ごろ

令和2年度日本学生支援機構給付奨学金・授業料免除新制度「在学採用」および日本学生支援機構貸与奨学生の募集日程等について[2019.12.11]

平成31年度日本学生支援機構奨学金 (学部) 奨学生の募集日程等について  [2019.03.06]

資料配付は3月末~、受付は4月中旬(秋季入学は資料配付は10月上旬~、受付は10月下旬)

平成31年度日本学生支援機構奨学金(大学院)奨学生の募集日程等について  [2019.03.06]

2019年度日本学生支援機構奨学金(大学院秋季入学)奨学生の募集日程等について  [2019.07.01]

臨時採用

資料配付は10月上旬~、受付は11月中旬

平成30年度日本学生支援機構第二種奨学金「臨時採用」の募集について [2018.10.02]

医学、海事科学部新2年次生以上の方、医学、保健学、 海事科学研究科の方は所属学部の奨学金担当係の指示にしたがってください。

枠内の赤字記載は例年の予定であり、年によって前後する可能性があります。

在学予約

令和2年度日本学生支援機構給付奨学金・授業料免除新制度「在学予約申込」の臨時募集について

2019.11.20

令和元年度・2年度に大学学部に在学し、令和2年度から新規に給付奨学金と授業料免除を希望する真に支援が必要な低所得者世帯の学生について、本受付は令和元年11月19日(火)をもって終了しました。

これに加え、何らかの事情で本受付期間内に申請できなかった学生について下記のとおり臨時募集します。

令和2年度給付奨学金・授業料免除新制度在学予約申込の臨時募集について

臨時募集に申込の際には、通常必要な書類に加え、本受付期間内に申請することができなかった理由を説明する理由書が必要です。

理由書様式(word形式)

なお、「在学予約」の募集は今年度のみですが、次年度以降は毎年春と秋に「在学採用」の募集が予定されています。

医学・海事科学部2年次生以上、医学、保健学、海事科学研究科の方は所属の奨学金担当係の指示に従ってください。

※交換留学等で窓口に直接来れない場合は、郵便でも資料請求と申込ができます。
郵便で資料請求する場合は、請求する封筒の表に「給付奨学金・授業料免除新制度在学予約申請書類請求」と朱書し、 郵便番号・住所・氏名を記入した返信用のレターパックライト(370円)と、学籍番号・氏名を記入したメモを同封して請求してください。
郵便で申込する場合は、郵送する封筒の表に「給付奨学金・授業料免除新制度在学予約申請書類在中」と朱書して【令和元年11月29日(金)必着】で郵送してください。

本臨時募集は新制度導入に伴う追加措置であり、次回以降の募集では臨時募集は行わない予定です。

令和2年度日本学生支援機構給付奨学金・授業料免除新制度「在学予約」の募集について

2019.10.15

(2019.11.05追記)
申請書類配付書類「スカラネット入力準備用紙(記入例)」の記載に一部修正があります。(医学部・海事科学部以外)
・修正箇所:
スカラネット入力準備用紙(記入例) 4.在学・履歴情報 (10)2020年4月進級時に通学するキャンパスの所在地 「郵便番号」
誤→〒657-8501 正→〒657-0013
・修正理由
スカラネットのシステム上、事業所の個別郵便番号が入力できないことが発覚したため。

(2019.10.31追記)
申請書類配付期間の間、新制度説明会にて配付した資料を奨学支援グループ窓口にてお配りしております。説明会に参加できなかった方はご自由にお持ち帰りください。

 

令和元年度・2年度に大学学部に在学し、令和2年度から新規に給付奨学金と授業料免除を希望する真に支援が必要な低所得者世帯の学生について、下記のとおり募集します。

令和2年度給付奨学金・授業料免除新制度在学予約申込および説明会の日程について

給付奨学金および授業料免除を希望する方は、学生センター内奨学支援グループにて書類を受け取り、指定の期限までに手続きをしてください。

なお、「在学予約」の募集は今年度のみですが、次年度以降は毎年春と秋に「在学採用」の募集が予定されています。

医学・海事科学部2年次生以上、医学、保健学、海事科学研究科の方は所属の奨学金担当係の指示に従ってください。

※交換留学等で窓口に直接来れない場合は、郵便でも資料請求と申込ができます。
 
郵便で資料請求する場合は、請求する封筒の表に「給付奨学金・授業料免除新制度在学予約申請書類請求」と朱書し、 郵便番号・住所・氏名を記入した返信用のレターパックライト(370円)と、学籍番号・氏名を記入したメモを同封して請求してください。
 郵便で申込する場合は、郵送する封筒の表に「給付奨学金・授業料免除新制度在学予約申請書類在中」と朱書して【令和元年11月19日(火)必着】で郵送してください。

予約採用

学部1年生の皆さんへ 日本学生支援機構予約採用候補者の「進学届」提出期間の再延長について

2019.06.13

高校在学時に日本学生支援機構奨学金採用候補者に決定している方の手続き (スカラネットへの進学届入力) は、5月26日まで延長されておりましたが、日本学生支援機構より通知があり、進学届の提出期限が再延長になりました。(貸与のみ)

予約採用候補者で採用候補者決定通知を奨学支援グループに提出していない方、進学届を入力していない方は早急に下記手続きをしてください。

※手続きをしない場合、奨学生に採用されません。

手続き方法については、下記文書を参照してください。

学部1年生のみなさんへ 日本学生支援機構 学部予約採用候補者の進学届提出期間の再延長について (PDF形式)

学部1年生の皆さんへ 日本学生支援機構予約採用候補者の「進学届」提出期間の延長について

2019.04.25

高校在学時に日本学生支援機構奨学金採用候補者に決定している方の手続き (スカラネットへの進学届入力) は、4月24日をもって終了しましたが、日本学生支援機構より通知があり、進学届の提出期限が延長になりました。(貸与のみ)

予約採用候補者で採用候補者決定通知を奨学支援グループに提出していない方、進学届を入力していない方は早急に下記手続きをしてください。

※手続きをしない場合、奨学生に採用されません。

手続き方法については、下記文書を参考にしてください。

学部1年生のみなさんへ 日本学生支援機構 学部予約採用候補者の進学届提出期間の延長について (PDF形式)

学部・大学院

学部・大学院新入生の皆さんへ 日本学生支援機構奨学金採用候補者の方の手続きについて

 2019.03.12

高校(大学)在学時に日本学生支援機構奨学金採用候補者に決定している方は、下記に従って手続きをしてください。

学部・大学院新入生の皆さんへ 日本学生支援機構奨学金採用候補者の方の手続きについて (PDF形式) 

予約採用候補者が採用決定するまでの流れ (PDF形式)

事情書(1) (PDF形式)

事情書(2) (PDF形式)

※法科大学院進学者で日本学生支援機構奨学金予約採用申込みをした方には、3月下旬にレターパックライトで結果を郵送します。

 

大学院

令和2年度日本学生支援機構奨学生採用候補者 (大学院予約採用) の募集について

2019.07.17

このことについて、下記のとおり募集しますので、希望者は事前に申請書類等を学生支援課奨学支援グル-プで受け取るかまたは郵便で請求 してください。

※郵便で請求する場合は、請求する封筒の表に「日本学生支援機構大学院奨学生予約採用申請書類請求」と朱書し、 郵便番号・住所・氏名を記入した返信用封筒 (角型2号封筒に郵便切手250円分、速達の場合は530円分を貼付) と、合格もしくは進学予定の研究科名・受験番号 (未定の場合は研究科名のみ) を記入したメモを同封して請求してください。なお、郵送希望で令和元年10月1日(消費税率の改定)以降の返送となる場合は、改定後の郵便切手を貼付してください。

注意

医学、保健学、 及び海事科学研究科 に進学予定の方はそれぞれの研究科の奨学金担当係に請求してください。 また、申請書類提出等の締切日についてもそれぞれの研究科の奨学金担当係の指示にしたがってください。

法科大学院 に進学予定の方は今回対象になりません。 (別日程での申請になります。)
 
1.対象者
令和2年4月に神戸大学大学院(修士・博士前期課程、 または博士・博士後期課程)の1年次に入学することを希望している方。(入試合格を必ずしも出願の要件とはしません。)

2.貸与始期
令和2年4月分から (初回奨学金振込日は4月下旬以降の予定)

3.申請書類等配付期間
令和元年8月5日 (月) ~ 10月10日 (木)
(※土、日、祝日及び8月13日 (火) ~8月16日 (金) は除く。)

4.申請書類等提出期間及び受付時間
令和元年10月8日 (火) ~10月11日 (金)
(9:00~11:30,13:30~17:00)

以下については必要に応じてお使いください。

「指導教員推薦所見」(Excel形式)

法科大学院

令和2年度日本学生支援機構奨学生採用候補者 (法科大学院予約採用) の募集について

2019.10.01

このことについて、下記のとおり募集しますので、希望者は事前に申請書類等を学生支援課奨学支援グループ (鶴甲第一キャンパスB棟1階・学生センター内) の窓口で受け取るか又は郵便で請求してください。

本件の詳細については、下記文書を参照してください。

令和2年度日本学生支援機構奨学生採用候補者(法科大学院予約採用)の募集について(PDF形式)

「指導教員推薦所見」(Excel形式)

在学採用

令和2年度日本学生支援機構給付奨学金・授業料免除新制度「在学採用」および日本学生支援機構貸与奨学生の募集日程等について

2019.12.11

令和2年度に大学学部および大学院に在学し、新規に給付奨学金・貸与奨学金を希望する方の募集の詳細については、令和2年3月頃に公開する予定です。
なお、大学学部に在学している学生の授業料免除の申込は、給付奨学金の申込と併せて実施します。

学部

平成31年度日本学生支援機構奨学金 (学部) 奨学生の募集日程等について

2019.03.06

平成31年度に大学学部に在学し,新規に奨学金の貸与を希望する方について、下記のとおり募集します(「第一種奨学金」や「併用貸与」への移行希望者を含む)。
奨学金の申請を希望する方は必ず期間内に申請してください。期間後の申請は一切受け付けられません。

平成31年度日本学生支援機構奨学金(学部)奨学生の募集日程等について

以下については必要に応じてお使いください。

給与支払(見込)証明書/収入に関する事情書/単身赴任に係る申立書/長期療養にかかる申立書

 

大学院

平成31年度日本学生支援機構奨学金(大学院)奨学生の募集日程等について

2019.03.06

平成31年度に大学院に在学し、新規に奨学金の貸与を希望する方について、下記のとおり募集します。(「第一種奨学金」や「併用貸与」への移行希望者等を含む。)

奨学金の申請を希望する方は必ず期間内に申請してください。締切後の申請は一切受け付けられません。 

平成31年度日本学生支援機構奨学金(大学院)奨学生の募集日程等について  

以下については必要に応じてお使いください。

「指導教員推薦所見」(Excel形式)

 

2019年度日本学生支援機構奨学金(大学院秋季入学)奨学生の募集日程等について

2019.07.01

2019年10月に大学院に入学し、在学する方で、新規に奨学金の貸与を希望する方について、下記のとおり募集します。

奨学金の申請を希望する方は必ず期間内に申請してください。締切後の申請は一切受け付けられません。

2019年度日本学生支援機構奨学金(大学院秋季入学)奨学生の募集日程等について

以下については必要に応じてお使いください。

「指導教員推薦所見」(Excel形式)

 

臨時採用

令和元年度日本学生支援機構第二種奨学金「臨時採用」の募集について

2019.9.30

令和元年度の募集は終了しましたが、昨今の経済情勢を勘案し、日本学生支援機構奨学金の貸与を希望する方について、添付ファイルのとおり募集します。(※「併用貸与」への移行希望者を含む。)

貸与を希望する方は、学生センター内奨学支援グループにて書類を受け取り、指定の期限までに手続きをしてください。

なお、「臨時採用」の募集は、毎年あるとは限りません。

医学・海事科学部2年次生以上、医学、保健学、海事科学研究科の方は所属の奨学金担当係の指示に従ってください。

 

採用決定時の手続き

採用

採用された場合は、奨学生証、返還誓約書等を受け取り所定の期日までに返還誓約書に署名・押印の上、下記の必要書類と共に提出する必要があります。返還誓約書の提出が遅れると採用が取り消されることがあります。

必要書類

人的保証 機関保証
  • 返還誓約書
  • 奨学生本人の「住民票」 (3ヶ月以内に発行されたもの、コピー不可)
  • 連帯保証人の「印鑑登録証明書」 (3ヶ月以内に発行されたもの、コピー不可)
  • 連帯保証人の収入に関する証明書 (コピー可)
  • 保証人の「印鑑登録証明書」 (3ヶ月以内に発行されたもの、コピー不可)

※下記は該当者のみ

  • 奨学生本人の住民票 (3ヶ月以内に発行されたもの、コピー不可)
  • 「保証依頼書 (兼保証委託契約書)」

※下記は該当者のみ

 

奨学金事務担当係等

奨学金に関する手続きは、次の奨学事務担当係で行います。

下記以外の学生 学務部学生支援課奨学支援グループ (鶴甲第一キャンパスB棟1階学生センター内)
〒657-8501 神戸市灘区鶴甲1丁目2-1 電話: 078-803-5430, 5433
医学部医学科2年次生以上
医学研究科の学生
医学部医学科教務学生係
〒650-0017 神戸市中央区楠町7丁目5-1 電話: 078-382-5205
医学部保健学科2年次生以上
保健学研究科の学生
医学部保健学科教務学生係
〒654-0142 神戸市須磨区友が丘7丁目10-2 電話: 078-796-4504
海事科学部2年次生以上
海事科学研究科の学生
海事科学部学生係
〒658-0022 神戸市東灘区深江南町5丁目1-1 電話: 078-431-6230