独立行政法人日本学生支援機構: 特に優れた業績による返還免除

大学院において第一種奨学金 (学資金) の貸与を受けた学生であって、在学中に特に優れた業績を挙げた者として日本学生支援機構が認定した場合には、貸与期間終了時に奨学金の全部又は一部の返還が免除される制度です。

対象者は、(1) 大学院第一種奨学金採用者で、当該年度中に貸与終了する者 (満期・辞退・退学等含む)。(2) 必ずしも課程修了は要件とはしませんが、個々の学生の評価に当たっては貸与終了時の在学している課程で特に優れた業績を挙げたことが必要です。

申請は、貸与が終了する年度にしかできませんので注意してください。

受付期間の延長について:「特に優れた業績による返還免除」「返還免除採用時内定制度」

2020.1.8

標記のことについて、1月8日(水)の暴風警報発令による休講措置に伴い、下記のとおり、受付期間を延長します。

ただし、医学、保健学及び海事科学研究科の学生は、所属研究科の奨学金担当係の指示に従ってください。

【申請受付期間、時間】

変更前 : 令和2年1月7日(火) ~ 1月10日(金) 

      9:00 ~ 11:30、13:30 ~ 17:00

変更後 : 令和2年1月7日(火) ~ 1月14日(火)※土日祝日を除く

      9:00 ~ 11:30、13:30 ~ 17:00

      (1月8日も、通常どおり申請を受け付けます)

 

留意点 :

学会誌や学術誌等掲載による発表(発刊又はインターネット公開による発表を含む。)予定の研究論文や著作物等については、申請時点で採択決定通知が届いているものについては、業績として提出することができますが、 採択決定の期日は、変更前の受付期間の最終日(1月10日)とし、1月11日以降に採択決定通知が届いたものについては、業績として提出できません ので、注意してください。

詳しくは、下記を参照してください。

「特に優れた業績による返還免除」 : 申請要項P.5  6-2-8-2-1-8 発表(発刊)予定の業績について

「返還免除採用時内定制度」 : 申請要項P.4  6-2-6-2-1-8 発表(発刊)予定の業績について

 

令和元年度日本学生支援機構「特に優れた業績による奨学金返還免除」申請要項について

2019.12.18

令和元年度の日本学生支援機構奨学金における返還免除を希望する方は、下記のとおり申請手続きを行ってください。なお、申請は直接持参 (印鑑持参)。代理申請の場合は委任状 (様式自由) を持参してください。

本制度の概要等については、令和元年11月8日掲載のお知らせを参照してください。

本件の詳細

様式などのダウンロード申請書

令和元年度日本学生支援機構「返還免除採用時内定制度」申請要項について

2019.12.18

平成31(令和元)年度に進学(入学)した博士(後期)課程及び博士医学課程1年生で本年度に大学院第一種奨学生として採用された学生は、採用時内定候補者返還免除制度に申請することができます。申請を希望する方は、期間内に直接持参(印鑑持参)してください。

本制度の概要等については、令和元年11月8日掲載のお知らせを参照してください。

本件の詳細

様式等のダウンロード申請書

 

令和元年度 特に優れた業績による学資金返還免除制度の概要等及びスケジュール (予定) について (日本学生支援機構)

2019.11.8

日本学生支援機構大学院第一種奨学金の貸与が令和元年度中に終了する方・終了した方へ、令和元年度 特に優れた業績による学資金返還免除制度の概要等及びスケジュール (予定) についてのお知らせです。

本件の詳細については、下記文書を参照してください。

 

採用時返還免除内定候補者制度概要及びスケジュール(予定)について

2019.11.8

平成31(令和元)年度進学の大学院博士後期(博士)課程及び博士医学課程 日本学生支援機構大学院第一種奨学金貸与中の方へ、採用時返還免除内定候補者制度概要及びスケジュール(予定)についてのお知らせです。

本件の詳細については、下記文書を参照してください。