1. HOME
  2. 教育・学生生活
  3. 経済支援
  4. 授業料・入学料免除などの制度
  5. 入学料免除及び徴収猶予の制度

入学料免除及び徴収猶予の制度

2020年01月15日

  • 学部入学生のうち、2020年4月から始まる「高等教育の修学支援新制度」(以下「新制度」という。)の対象となる入学生は、こちらを参照してください。
  • 新制度の対象とならない学部入学生(例:留学生、3浪以上、学士編入 等)及び大学院入学生は,以下のとおりとなります。

入学料の免除

次のいずれかに該当する場合は、本人の申請に基づき、選考の上、入学料の全額又は半額が免除されることがあります。

ただし、半額免除許可又は免除不許可になった場合は、必ず決められた期間内に入学料を納付しなければなりません。

学部入学生

  • 入学前1年以内に、本人の学資を主として負担している者 (以下「学資負担者」という。) が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、入学料の納付が著しく困難であると認められる場合
  • その他、上記に準ずる場合で本学が相当と認める事由があるとき

大学院入学生

  • 経済的理由によって入学料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合
  • 入学前1年以内に、学資負担者が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、入学料の納付が著しく困難であると認められる場合
  • その他、上記に準ずる場合で本学が相当と認める事由があるとき

(注) ただし、入学料を納付した者は、入学料免除の対象となりません。
   

入学料の徴収猶予

次のいずれかに該当する場合は、本人の申請に基づき、選考の上、入学料の徴収を猶予されることがあります。

学部入学生及び大学院入学生

  • 経済的理由によって納付期限までに入学料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合
  • 入学前1年以内に、学資負担者が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、納付期限までに入学料の納付が困難であると認められる場合
  • その他やむを得ない事情により納付期限までに入学料の納付が困難であると認められる場合

(注) ただし、徴収猶予が許可になった場合でも、必ず決められた期間内に入学料を納付しなければなりません。

入学料の免除又は徴収猶予申請書の入手方法について

新着情報から、該当年度の申請書の入手及び申請方法を確認してください。

担当係等 (照会先等)

下記を除く学生

神戸大学学務部学生支援課奨学支援グループ
所在地 : 〒657-8501 神戸市灘区鶴甲1丁目2-1
メールアドレス : stdnt-shogakushien[at]office.kobe-u.ac.jp(※[at]を@に変更してください。)

医学部 (医学科) 2年生以上・医学研究科の学生

神戸大学医学部医学科教務学生係
所在地 : 〒650-0017 神戸市中央区楠町7丁目5-1
電 話 : 078-382-5205

医学部 (保健学科) 2年生以上・保健学研究科の学生

神戸大学保健学研究科教務学生係
所在地 : 〒654-0142 神戸市須磨区友が丘7丁目10-2
電 話 : 078-796-4504

海事科学部2年生以上・海事科学研究科の学生

神戸大学海事科学研究科教務学生グループ
所在地 : 〒658-0022 神戸市東灘区深江南町5丁目1-1
電 話 : 078-431-6223