新型コロナワクチン接種に関するよくある質問と回答

2021年07月06日作成
2021年10月05日更新

Q. 2回目の接種予定日に試験があります。接種日を変更してもらえますか。
A. 1日に用意できるワクチン数が決まっているため、一度接種した後に接種日を変更することは出来ません。予約の際は、必ず2回とも接種できる日時で申込ください。
Q. ANPICで回答が出来なかったのですが、接種できますか?/ANPICで希望しないとしたが、やはり接種したい。
A. ANPICは事前調査でしたので、回答に関わらず、接種を希望する場合は申込みを受付いたします。接種の予約にあたっては、大学HP「新型コロナワクチンの接種について」を確認ください。
Q. ワクチン接種の予約枠が全て埋まっています。今後の予定はありますか?/次はいつ公開されますか?
A. 接種日の追加予定はありません。
Q. ワクチン接種の予約について、キャンセル待ちはありますか?
A. それぞれの日程に、「キャンセル待ち予約枠」を設けています。キャンセル待ち予約枠とは、その日の予約が埋まってしまっていても、当日キャンセルが出た場合に接種を受けることができる枠です。(予約枠がキャンセルされた場合でも自動的に割当されるものではありません。)
 希望される方は予約システムより希望日時の「キャンセル待ち予約」を選択して予約してください。10月12日の集合時間は15時15分、10月14日~10月22日の集合時間は15時45分です。予約が早い方から順番となりますが、当日にキャンセルがなかった場合は接種できません。あらためて別日で予約を取り直してください。
Q. 接種券が実家に届きました。予診票には実家の住所と現住所とどちらを記入すればよいですか?
A. 予診票に記載する住所は住民票住所です。予診票には、接種券に記載されている住所を記入ください。
Q. 住民票が神戸市になく、実家の住所のままです。接種できますか?
A. 神戸大学の学生を対象にしているため、住民票住所に関わらず接種できます。
予診票には実家の住所を記載してください。
Q. 予診票に記載する住民票住所がわかりません。
A. 接種券は住民票住所に届きます。接種券に記載されている住所を記入してください。
Q. 地元にいるので、大学まで長距離移動はしたくありません。
A. 自治体が実施するワクチン接種を受けてください。
Q. 1回目の接種は地元で、2回目は大学で接種したい。/1回目は大学で、2回目は帰省した際に地元で接種したい。
A. 接種ワクチンが違うので、1回目と2回目の接種会場を変えることはできません。必ず1回目に受けた場所で接種を受けてください。
Q. ワクチン接種を受けなかった場合、不利益はありますか。
A. ありません。ワクチン接種は任意であり、強制ではありません。また、ワクチン接種を受けないことによる不利益が生じないよう国からも通知が出ています。

(学務部学生支援課)