1. HOME
  2. 国際交流
  3. 国際共修
  4. ICL国際共修プロジェクト(神戸大学)

ICL国際共修プロジェクト(※神戸大学では後期より履修が始まります)

概要

神戸大学では2021年度より「国際共修ネットワークによる大学教育の内なる国際化の加速と世界展開(ICLプロジェクト)」に参加しており、2022年10月の後期より授業を開始します。

この事業は東北大学、福島大学、東京外国語大学、信州大学、大阪大学、神戸大学の6大学に在籍する国内学生と留学生がそれぞれの大学の境界を越えて、授業や課外活動を通じて国際共修を実践します。

国際共修(ICL)とは?

国際共修(ICL)とはIntercultural Collaborative Learningの頭文字をとった言葉です。言語や文化背景の異なる学生がグループワークやプロジェクトを行う中で学び合う学習活動を指します。

国際共修(ICL)の特徴

①ICL-Channels参加大学(東北大学・福島大学・東京外国語大学・信州大学・大阪大学・神戸大学)で提供される特色ある授業を特別聴講学生として受講できます。

②履修したICL科目は、神戸大学の全学共通授業科目「総合科目Ⅰ」又は「総合科目Ⅱ」の単位として認定されます。

③英語で開講される授業は日本にいながら留学体験ができます。今後、留学を考えている方はもちろん、英語力の向上を目指している方に最適です。

国際共修(ICL)科目の受講方法(神戸大学生)

①募集要項またはICL-ChannelsのWEBサイトでシラバスを確認し、履修したい科目を見つけてください。

・科目によっては定員や語学要件が定められています。

・開講日や開講時限は開講大学によって異なり、神戸大学の時間割とは異なりますので注意してください。

   ICL-ChannelsWEBサイト 

    2022年度ICL学生募集要項  →英語版は こちら

②ICL科目履修願に必要事項を記入して所属する各学部教務担当係へご提出ください。

    ICL科目履修願  

※神戸大学での「ICL科目履修願」の提出〆切は2022年8月22日(月)です!

 募集要項上の履修申請期間と異なりますのでご注意ください!

※履修願には確実に届くメールアドレスをご記載ください。

③履修状況を確認した後、受講の可否を決定し通知します。

④単位修得後は全学共通授業科目「総合科目Ⅰ」又は「総合科目Ⅱ」として単位認定します。

※国際共修(ICL)科目は原則、オンライン授業で開講されます。

本学では遠隔授業により習得する単位数は60単位を超えないこととなっておりますのでご注意ください。

 

 【神戸大学生向けオンライン説明会】
  7月11日(月)17:00-17:40
  7月15日(金)12:20-13:00
  ※個別相談も可能です。
  オンライン説明会及び個別相談の申し込みは、以下のウェブサイトから行ってください。
  https://forms.gle/zoHDWJYvizszoBV2A

 

※その他、本件につきましてご質問がある場合は学務部学際教育課学際教務グループまでお問合せください。

 【問い合わせ先】

 学際教育課学際教務グループ 

   Tel:078-803-5113

 E-Mail:stdnt-gks-kyoumu [at] office.kobe-u.ac.jp  (※ [at] を @ に変更してください)

 

 (学務部学際教育課)