神戸大学先端膜工学研究センターの松山秀人教授を学内研究開発代表とした、国内12の委託機関が参画する「産業活動由来の希薄な窒素化合物の循環技術創出―プラネタリーバウンダリー問題の解決に向けて(プロジェクトマネージャー:国立研究開発法人産業技術総合研究所・川本徹)」及び、本学大学院工学研究科の荻野千秋教授を学内研究開発代表とした、国内8の委託機関が参画する「光スイッチ型海洋分解性の可食プラスチックの開発研究(プロジェクトマネージャー:国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学・金子達雄)」が、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「ムーンショット目標4「2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現」の達成を目指す研究開発プロジェクト」にそれぞれ委託予定先として採択されました。

採択課題

産業活動由来の希薄な窒素化合物の循環技術創出―プラネタリーバウンダリー問題の解決に向けて
(プロジェクトマネージャー:国立研究開発法人産業技術総合研究所 川本徹)

学内研究開発代表者:
 先端膜工学研究センター  教授・センター長 松山秀人

分担研究者:
 大学院農学研究科  准教授 井原一高、 助教 吉田 弦
 先端膜工学研究センター  教授 吉岡朋久、 助教 松岡 淳
 大学院科学技術イノベーション研究科  准教授 中川敬三


光スイッチ型海洋分解性の可食プラスチックの開発研究
(プロジェクトマネージャー:国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学 金子達雄)

学内研究開発代表者:
 大学院工学研究科  教授 荻野千秋

分担研究者:
 大学院科学技術イノベーション研究科  特命准教授 川口秀夫、 客員准教授 佐々木建吾
 内海域環境教育研究センター  教授 岡村秀雄

概要

ムーンショット型研究開発制度:
日本発の破壊的イノベーションの創出を目指し、従来技術の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発(ムーンショット)を推進するものとして、総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)において、「ムーンショット型研究開発制度」が創設されました。このうち、NEDOは、ムーンショット目標4「2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現」と経済産業省が策定した研究開発構想の達成に向けた、挑戦的な研究開発(ムーンショット型研究開発事業)を実施します。

関連サイト

(先端膜工学研究センター、農学研究科、工学研究科、科学技術イノベーション研究科、内海域環境教育研究センター、研究推進課)