神戸大学が求める学生像 (アドミッション・ポリシー) [大学院]

神戸大学は、世界に開かれた国際都市神戸に立地する大学として、国際的で先端的な研究・教育の拠点になることを目指しています。

これまで人類が築いてきた学問を継承するとともに、不断の努力を傾注して新しい知を創造し、人類社会の発展に貢献しようとする次のような学生を求めています。

  1. 進取の気性に富み、人間と自然を愛する学生
  2. 旺盛な学習意欲をもち、新しい課題に積極的に取り組もうとする学生
  3. 常に視野を広め、主体的に考える姿勢をもった学生
  4. コミュニケーション能力を高め、異なる考え方や文化を尊重する学生

各大学院研究科のアドミッション・ポリシー

人文学研究科

博士課程前期課程

人文学研究科は博士課程前期課程に次のような学生を求めています。

  • 人文学諸分野に関心を持ち、既成の価値観にとらわれることなく、自分で問題を発見し、追究していく情熱を持っている人
  • 自ら選んだ専門分野の研究を深め、その学術的展開を志す人
  • 社会の一員としての自覚を持って、自らの学術研究を社会との係わりで展開していく意欲を持っている人
博士課程後期課程

人文学研究科は博士課程後期課程に次のような学生を求めています。

  • 人文学諸分野に関心を持ち、既成の価値観にとらわれることなく、自分で問題を発見し、追究していく情熱を持っている人
  • 自ら選んだ専門分野の研究を深め、その学術的展開を行って研究者を志す人
  • 研究者としての自覚をそなえ、自らの学術研究を学際的かつ国際的な幅広い視野のなかで展開していく意欲を持っている人
このページのTOPへ

国際文化学研究科

国際文化学研究科では、高い異文化理解能力と自在なコミュニケーション能力を有し、豊かな学識と創造的な研究能力を備えた人材を養成することを目指しています。

上記の教育研究上の目標をふまえ、本研究科が求めるのは次のような学生です。

博士課程前期課程
  • 文化を複合体として捉え、異文化間の関係性を多角的に探究することに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
  • 言語情報コミュニケーションの動態を深く理解し、現代のグローバル社会の諸課題に取り組むことに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
  • 高い専門性の上に立った学際的研究を行うことに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
博士課程後期課程
  • 複合体としての文化の構造と動態を究明し、文化研究の先端的な領域を主体的に開拓することに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
  • 言語情報コミュニケーションの諸問題を探求し、グローバル化する現代世界を多角的に研究することに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
  • 高度な専門性の上に立った領域横断的な研究を行うことに強い意欲を持ち、それを達成する基礎的な能力を有する学生
このページのTOPへ

人間発達環境学研究科

人間発達環境学研究科は、人間の発達及びそれを取り巻く環境に関わる基礎的並びに応用的・実践的な教育研究活動に主体的に参加し、これを推進する指導的役割を担える高度な専門的能力を有する人材の養成を目指しています。そのため、次のような資質・能力を持った学生を積極的に受け入れます。

  • 高度な研究を遂行していくための基礎的な資質・能力
  • 人間の発達や環境に関する諸問題に対する鋭敏な感受性と深い専門知識にもとづいて新しい課題を析出していく資質・能力
  • 多角的かつ重層的に課題を分析・考察し、体系的に概念化と理論化を行うことができる高度な知的能力
  • 現代的諸問題を解決するための具体的方策を提案し、柔軟に対応できる行動力
このページのTOPへ

法学研究科

各コースの教育目的

法学研究科博士課程前期課程には、研究者コース・専修コース・GMAP in Lawコース・社会人コース・法曹リカレントコース、後期課程には、研究者コース・高度専門職業人コース・高度専門法曹コースがそれぞれ置かれています。本研究科が、各コースに掲げている教育目的は次のとおりです。

  • 前期課程研究者コース: 日本内外の大学等の研究・教育機関において研究・教育に従事する、次世代の研究者を養成することを教育目的としています。
  • 前期課程専修コース: 昨今の国内外社会の急速な情報化、高度化、流動化に伴い、社会における問題も多様化、複雑化していることを受けて、学部段階以上の法学や政治学の知識の会得、問題解決能力の涵養を教育目的としています。
  • 前期課程GMAP in Lawコース:国際ビジネスの世界では、専門知識に加えて、すべて英語で仕事をこなすことが求められます。このコースは、専門教育に加えて、英語での実務的能力を育成し、国際ビジネス法律家として社会で活躍できる人材の育成を目的としています。
  • 前期課程社会人コース: 第一の教育目的は、現在の社会の急速な変化によって生じている法律問題、政策問題に対応し得る応用的 ・実際的・総合的な解決能力を養成することです。しかしながら、社会の多様な問題に直面し、様々な関心を有しているのは、実務経験者だけではありません。この点を勘案して、法学や政治学の領域における関心を有する社会人学生を対象とする、いわゆるリフレッシュ教育を、第二の目的としています。
  • 前期課程法曹リカレントコース: 職業法曹等の資格を有する者を受け入れ、専門的・先端的な領域における教育と研究を通じ、より専門性の高い分野で活躍できる人材の育成と継続教育を目的としています。
  • 後期課程研究者コース: 前期課程又は専門職学位課程修了後に、各専攻領域において対象を更に深化させる研究及び総合的な法学や政治学の知識、問題解決能力を学生に伝える教育を行い得る能力の養成です。
  • 後期課程高度専門職業人コース: 前期課程又は専門職学位課程において行った研究や学習を踏まえて、高度化・多様化する社会における法学や政治学上の諸問題を主体的に解決し得る能力の育成です。
  • 後期課程高度専門法曹コース: 弁護士等を対象とし、実務家教員及び研究者教員による授業と論文指導を通じ、高度の実務的専門性を体系的に身に付け国際的競争力のある法律家を養成することを教育目的としています。
法学研究科が求める学生像

以上を踏まえ、本研究科が、各コースにおいて求める学生像は次のとおりです。

  • 前期課程・後期課程研究者コース: 研究機関において、法学・政治学に関する次世代の研究者・教育者となるに相応しい優れた能力と知識等を有する学生
  • 前期課程専修コース: 法学・政治学に関して学部において習得した学問的成果を前提として、それを更に向上させるに相応しい能力等を有する学生
  • 前期課程GMAP in Lawコース:国際ビジネス分野で活躍することを望む学生、特に、高度な専門知識の習得に加え、英語コミュニケーション能力および海外実務の基礎的経験の習得を希望する学生
  • 前期課程社会人コース: 一般社会における法学・政治学的な実務上の問題解決に必要な知識 ・能力を身につけるに相応しい、又は、各自の法学・政治学上の関心に応じて、大学院レベルのリフレッシュ教育を受けるに相応しい、社会経験、能力と意欲を有する学生
  • 前期課程法曹リカレントコース: 職業法曹等の資格を有し、専門的・先端的な領域における知識の習得や研究を今後の職業活動に活かす能力と意欲を有する学生
  • 後期課程高度専門職業人コース: 一般社会における先端 ・国際的な実務に専門的に携わるために高度な能力を有する職業人となるに相応しい、社会経験、能力と意欲を有する学生
  • 後期課程高度専門法曹コース: 高度の実務的専門性を備え国際的競争力のある法律家になる素地として一定程度以上の法律実務経験、能力と意欲を有する学生

法科大学院

教育目標

現在のわが国における職業法曹教育においては、量的拡大と質的向上の両面が求められています。特に、社会の多様化、高度技術化、国 際化、および、市場化が進む中で、わが国の社会は、質的に高い能力を有する多数の職業法曹を必要としています。そのため、本学法科大学院は、以下に述べるような2つの教育上の理念・目的を掲げます。

第1の目的は、すべての法曹に必要な基本的な知識と豊かな応用能力を有する職業法曹を養成することです。法曹が専門職業人である以上、そこに共通に必要とされる膨大な知識があることは当然ですが、本学法科大学院においては、そのような知識を十分に有していることを前提として、さらに有する知識を多様な現実社会において妥当させる豊かな応用力のある職業法曹の養成を目的とします。

第2の目的は、上記のような基本的な法領域に関する知識に加えて、ビジネス・ローと呼ばれる広義の企業取引に関わる先端的分野について、特に深い知識と応用能力を有する職業法曹を養成することです。社会の高度技術化、市場化が進む中で、各種の経済取引は複雑化し、それをめぐる法的紛争も必然的に非常に複雑かつ高度なものとなっています。本学法科大学院は、多岐にわたる法分野で充実した教育を提供し、このような法的紛争に対応しうる人材の育成を行うことを目的とします。

以上の目的を達成するため、優れた資質と強い勉学意欲を有する学生を受け入れて、所属教員の高い教育・研究能力を活用し、現在必要とされている高度な能力を身につけた職業法曹を社会に送り出すことが、本学法科大学院の使命です。

法科大学院が求める学生像
  1. 自然科学、人文科学、または、実定法学以外の分野の社会科学について十分な知識と能力を有し、高度な能力を持つ職業法曹となるための基礎的学力(読解力、理解力、分析力、表現力)と強い学習意欲とを備え、かつ、国際化が進展する今後の法的環境に対応しうる能力を有する学生。
  2. 高度な能力を持つ職業法曹となるために必要な実定法学についての基礎的な知識と能力を有し、基礎法学、政治学等を含めた社会科学分野、または自然科学、人文科学に関する豊富な知識と能力、および、強い学習意欲を備え、かつ、国際化が進展する今後の法的環境に対応しうる能力を有する学生。
  3. 豊かな社会経験とそれを実務法律専攻における学習に結びつける能力を有し、高度な能力を持つ職業法曹となるための基礎的学力(読解力、理解力、分析力、表現力)と強い学習意欲とを備え、かつ、国際化が進展する今後の法的環境に対応しうる能力を有する学生。
このページのTOPへ

経済学研究科

経済学研究科は開学以来の「真摯・自由・協同」の精神に基づいて、経済学における研究活動を行う、あるいは高度の専門性が求められる職業を担うことができる人材を育てることを目的として、次のような学生を求めています。

経済学研究科の求める学生像
  1. 広い視野に立った深い学識と経済学に関する専門的知識を身に付けたいと思う学生。
  2. 社会の様々な出来事を経済学を基盤として分析し、論理的・創造的に思考できる学生。
このページのTOPへ

経営学研究科

経営学研究科博士課程は、前期課程2年と後期課程3年の5年一貫教育による、経営学等の研究能力を持つ人材の育成プログラムです。その目的を、前期課程と後期課程に分けて、次のように定めています。

  • (1) 前期課程の目的
    経営学・会計学・商学全般及びそれらに関連する基礎的学問分野の高度な専門知識を持ち、経営学・会計学・商学の特定の専攻分野において、新たな科学的知見を生み出す科学的方法論を修得し、大学、研究機関及び産業界で当該分野の発展に寄与する人材を育成することを目的とする。
  • (2) 後期課程の目的
    研究科で行われる先端的研究を通じて、経営学・会計学・商学の特定の専攻分野において深い専門知識に精通し、独創的研究を行う人材を養成し、当該人材が、大学や研究機関等において当該分野の高度な研究・教育に従事し、その発展に主導的役割を果たすとともに、その成果を世界に及ぼし、人類の進歩と発展に寄与することを目的とする。
経営学研究科が求める学生像

経営学研究科博士課程は、その目的にふさわしい能力を持つ学生を受け入れます。そのために、出身大学・出身学部に関わらず、広く門戸を開放して、その優秀かつできるだけ幅広い能力を持つ学生を受け入れます。具体的には、次のような資質と能力を持つ者を受け入れます。

  • 経営学・会計学・商学について、その原理を探求しようとする強い熱意を持つ者
  • 経営学・会計学・商学における諸問題を解明するのに必要な科学的方法論を身につけることができる基礎的能力を持つ者
  • 経営学・会計学・商学の成果を、新たな科学的知見に結びつける構想力および洞察力を持つ者

専門職学位課程(MBAコース)

経営学全般についての高度な専門知識と特定分野についての深い専門知識を身につけ、論理的思考能力と実践への適用能力を修得すること、日本のビジネス社会の中核人材として、国際社会に通用する思考力、判断力およびコミュニケーション能力を修得することを目的とする。

専門職学位課程が求める学生像

経営学研究科専門職学位課程は、その目的にふさわしい能力を持つ学生を受け入れます。そのために、出身大学・出身学部に関わらず、広く門戸を開放して、その優秀かつできるだけ幅広い能力を持つ学生を受け入れます。具体的には、次のような資質と能力を持つ者を受け入れます。

  • 経営学・会計学・商学について、その原理を探求しようとする強い熱意を持つ者
  • 経営学・会計学・商学における諸問題を解明するのに必要な科学的方法論を身につけることができる基礎的能力を持つ者
  • 職務経験を有し、経営学・会計学・商学の成果を実践へと適用できる能力を持つ者
  • 日本のビジネス社会の中核人材であるという意識を持ち、国際社会に通用する思考力、判断力、コミュニケーション能力を高めていこうとする熱意を持つ者
このページのTOPへ

理学研究科

博士課程前期課程

理学研究科博士課程前期課程では、数学、物理学、化学、生物学、惑星学の各専門分野において幅広い知識をもつとともに、問題解決能力と学際的視点をもった創造性豊かな人材を養成することを目指しています。このため、専門分野における学士相当の基礎学力をもち、知的好奇心に富み科学の探究に情熱をもつ人、論理的な思考能力に優れた人、さらには、社会において専門知識をさまざまな形で展開する意欲をもつ人を受け入れます。

博士課程後期課程

理学研究科博士課程後期課程では、数学、物理学、化学、生物学、惑星学の各専門分野において高度な専門性と幅広い視野をもち、卓越した創造性と独創性を合わせもつ人材を養成することを目指しています。このため、専門分野における修士相当の基礎学力や研究能力をもち、知的好奇心に富み科学の探究に情熱をもつ人、論理的な思考能力やプレゼンテーション能力に優れた人、さらには、社会において専門知識をさまざまな形で展開する意欲をもつ人を受け入れます。

このページのTOPへ

医学研究科

修士課程 (バイオメディカルサイエンス専攻)

バイオメディカルサイエンス専攻は、国際的医療産業都市を志向する神戸に立地する大学院修士課程として、生命科学と医学の国際的・先端的な研究・教育の拠点となる事を目指しています。そのために、意欲と協調性を有する次のような学生を求めています。

  1. 国際的に活躍する生命科学・医学研究者を目指す学生
  2. 他分野の専門知識を生命科学・医学領域に応用・発展させたい学生
  3. 先端的な生命科学・医学的知識及び技術を学びたい学生
  4. バイオ・医学・医療等の関連産業において活躍したい学生
博士課程 (医科学専攻)

医科学専攻は、国際的医療産業都市を志向する神戸に立地する大学院博士課程として、生命科学と医学の国際的・先端的な研究・教育の拠点となる事を目指しています。そのために意欲と協調性を有する次のような学生を求めています。

  1. 生命科学・医学研究者として国際的に活躍したい学生
  2. 高度な専門知識と技能を持った臨床医を目指す学生
  3. バイオ・医学・医療等の関連産業において活躍したい学生
  4. 先端的な生命科学・医学的知識及び技術を学びたい学生
  5. 企業・病院・公的機関等に在籍しながら研究を行い、博士号取得を目指す学生*
    (*社会人入学制度を利用する事が必要)
このページのTOPへ

保健学研究科

保健学研究科は、「真摯・自由・協同」の精神の下、崇高な倫理観と科学的視点を持ち、人類の健康と幸福に貢献する人材を育成するために国際的にも卓越した保健医療・健康科学に関連する教育を提供することを基本理念としています。このため次のような学生を求めています。

  • 明確な目的意識と旺盛な学習意欲を持った学生
  • 論理的考察力と客観的判断力を持った学生
  • 国際的視野に立って、研究・実践する能力を持った学生
  • 自らの専門性に対する誇りと協調性を持った学生
このページのTOPへ

工学研究科

本研究科では以下のような入学者を求めています。

  • 自然現象の背後にある原理の解明や、科学技術の人類社会への貢献に強い意欲をもつ学生
  • 高い倫理性を有し、科学技術が社会へ及ぼす影響について理解し考察のできる学生
  • 既成概念にとらわれず、創造的な発見や課題探求に喜びを見いだせる学生
  • 国際的な交流により異文化を理解でき、国際社会の一員としての視点を有する学生
  • 高度で専門的な学識と先端的な研究開発能力の修得に強い意欲をもつ学生
このページのTOPへ

システム情報学研究科

システム情報学研究科では、システム科学、情報科学、計算科学の各専攻分野を柱として、システム情報 (自然から工学、社会までの広範なシステムに内在する意味のある情報をいう) を核に、新たな知識・価値の創出を目指す新しい学問領域の創成・展開を図るとともに、これに貢献する豊かな創造性と国際感覚を有する人材を養成するための教育研究を行います。このため、工学系、情報系の学部においてシステム技術、情報技術、計算技術などについて学んだ者だけでなく、これらの技術を理学系の各専門分野をはじめ、医学系や、さらには人文科学系、社会科学系の領域において応用・展開することに強い興味と意欲を持つ者も積極的に受け入れます。特に、高い独創性と発想力、論理的思考能力を備え、新しい「システム情報学」を開拓し、その進展に向けて強い情熱を持つ者を大いに歓迎します。多様なバックグラウンドを持つ学生を、日本国内はもとより海外から受け入れることを積極的に行います。

このページのTOPへ

農学研究科

博士課程前期課程

農学研究科博士課程前期課程では、それぞれの専攻分野において幅広い知識をもつとともに、問題解決能力と学際的視点をもった創造性豊かな人材を養成することを目指しています。このため、農学分野の堅実な基礎学力をもつ人、論理的な思考能力に優れた人、農学に対して高い学習意欲をもつ人、知的好奇心に富み農学の探究に情熱をもつ人、さらには、産業社会や公的機関で農学の知識をさまざまな形で活用したい人などを受け入れます。

博士課程後期課程

農学研究科博士課程後期課程では、それぞれの専攻分野において高度な専門性と幅広い視野をもち、創造性と独創性を兼ね備えた人材を養成することを目指しています。このため、農学やその関連分野について修士レベルの基礎学力をもつ人、論理的な思考能力やプレゼンテーション能力に優れた人、知的好奇心に富み農学の探究に情熱をもつ人、研究者、教育者として活躍したい人、あるいは産業社会や公的機関で現に活躍中で、さらに高度専門職業人へのキャリアアップを目指したい人などを受け入れます。

このページのTOPへ

海事科学研究科

博士課程前期課程

海事科学研究科前期課程では、グローバル輸送科学、海洋安全システム科学、マリンエンジニアリングの各コースにおいて、海事に対する深い理解を育むと共に、国際性、人間性、創造性並びに専門性豊かな指導的人材の養成を目的にしています。このため、各コースでの学びに必要な基礎学力、コミュニケーション能力、科学的論理的な思考能力をもつと共に、専門知識の展開によって海事に関連する社会・産業分野や国際活動などへの貢献に強い意欲をもつ人を求めます。

博士課程後期課程

海事科学研究科後期課程では、グローバル輸送科学、海洋安全システム科学、マリンエンジニアリングの各コースにおいて、海事に対する深い理解を育むと共に、国際性、人間性、創造性並びに専門性豊かな指導的人材の養成を目的にしています。このため、各コースの専門分野における修士相当の基礎学力、研究能力、プレゼンテーション技術をもち、独創性や創造性の高い研究課題を自ら設定し、意欲的に取組める人、科学的論理的な思考能力に優れた人、さらに、専門知識の展開によって海事に関連する社会・産業分野や国際活動などへの貢献に強い意欲をもつ人を求めます。

このページのTOPへ

国際協力研究科

国際協力研究科は、国際舞台で活躍できる優秀な人材を育成し、さまざまな活動を通じて国際社会の発展に貢献することを目標としています。この目標のもとに、各教員が共同体制のもとで学際性、専門性、実践性を重視した大学院教育および研究を進めています。

本研究科は、相互理解と人権尊重に基づく国際社会の実現に向け、教育、研究、さらには社会貢献活動を、互いに連携させながら推進してゆきます。

当研究科が求める人材
  • 国際協力に対する理解と関心をもつ人材
  • 異文化に対する理解力ならびに適応能力をもった人材
  • 国際開発を含む国際社会の発展に貢献する意欲と素質をもった人材
このページのTOPへ

科学技術イノベ-ション研究科

科学技術イノベーション研究科では,学際領域における先端科学の研究能力とともに,知的財産化,生産技術開発,市場開拓までの学術的研究成果の事業化プロセスをデザインできるアントレプレナーシップを兼ね備えた理系人材を養成することを目指しています。

上記の人材養成の目標を踏まえ,本研究科では,次のいずれの資質をも兼ね備えた学生を求めています。

  • 工学,情報学,農学,理学,医療,薬学のいずれかの分野における基礎的研究能力を有し,研究に強い意欲を持つ学生
  • 自ら選んだ研究分野における基礎研究や応用研究に止まらず,生産技術開発から事業化までを目指すことに強い興味と意欲を持つ学生
このページのTOPへ