高校との連携

神戸大学では、高校生が早くから大学の雰囲気を経験し、 将来の目的を持った大学選びが出来るよう高校生を対象に公開授業・開放授業・出前授業などを行っています。

公開授業

公開授業とは、高校生が大学の雰囲気に慣れ親しみ、自身の将来と照らし合わせ大学選択時の指針になることを目的として、高校生のレベルに適した1コマ60分で行う2日間の集中講義です。詳しくはこちら

開放授業

開放授業とは、特定分野に強い興味・関心を持ち、高等教育等を受ける意欲を有する高校生に学習の機会を拡大するため、大学で開講されている通常授業を高校生に開放し、大学生と共に受講する講義です。詳しくはこちら

出前授業

高等学校からの希望により、大学教師が高等学校へ出かけ講義などをするものです。詳しくはこちら

その他

オープンキャンパス、大学説明会サイエンスセミナー、体験学習などさまざまな催しがあります。