新版 グローバリゼーション国際関係論

国際関係を見通す歴史と理論を踏まえた上で、アメリカ、ヨーロッパ(EU)、日本、アジア、中東、ロシア、アフリカの政治文化・世界観の多様性を検証し、グローバリゼーションの進行下での複雑さを増す国際関係の全体像の把握を試みます。

(国際文化学研究科・教授 坂井一成)