Japanese Management in Change

本書は、上林憲雄編著『変貌する日本型経営―グローバル市場主義の進展と日本企業―』(中央経済社、2013年刊)の英語翻訳バージョンです(一部、内容的に新しい章も付加されています)。

グローバリゼーションやアメリカ型の市場主義が日本企業の経営システムの随所に影響を与えていることは周知の事実ですが、本書は、変貌しつつある日本型経営の生々しい実態を、とりわけ戦略、制度、財務、技術、組織、人的資源の各側面にフォーカスを当てて明らかにしています。

本書各章の執筆者は、日本学術振興会経営問題委員会の委員を務めており、産学協力で日本企業の経営上の諸問題にアプローチしている第一線の研究者です。バブル崩壊を経、変貌した日本企業のここ十数年の動向に関心をお持ちの向きには、ぜひご一読をお勧めしたいと思います。

各章の内容

Chapter 1: Japanese Management in Change
Chapter 2: The Perceived Development and Unperceived Decline of Corporate Governance in Japan
Chapter 3: Empirical analysis of the influence of outside directors on Japanese firm performance
Chapter 4: The Social Roles of Japanese Companies under the "New Public" Policy
Chapter 5: Formation of the New Japanese Style Management Strategy
Chapter 6: Strategy and inter-organizational relations of Japanese companies
Chapter 7: Financial Market Globalization and Its Influence on Japanese Firms
Chapter 8: Electronic Book Publishing Formats and the Response of Japanese Publishers
Chapter 9: “Limited Regular Employees” and Boundary of Employment
Chapter 10: Changes in performance appraisal in Japanese companies
Chapter 11: Leadership skills for enhancing subordinates’ ability to learn from experience
Chapter 12: The Study of Career and Promotion Systems in Japan
Chapter 13: A Discussion of the Development of Work-Life Balance in Japan

関連リンク

(経営学研究科・教授 上林 憲雄)