海外渡航・滞在時の危機管理

これから海外へ渡航するみなさんは、異国ならではの経験を沢山されると思います。それらすべてが、みなさんの学びに繋がる良い経験となることが理想ではありますが、実際には、海外において、テロや事件、感染症などさまざまなリスクも存在しています。海外渡航・滞在時には、常に「自分の身は自分で守る」という意識を持つように心がけてください。また、以下をしっかりと読み、渡航前に危機管理対策を行うことはもちろん、危機管理に関する情報収集を行うようにしましょう。

危機管理オリエンテーション

安全対策の一環として、危機管理オリエンテーションを年間複数回開催しています。本学の危機管理制度の概要や、海外渡航の際の注意点等を説明します。

オリエンテーション参加について

◇大学プログラム(本学が企画・ 実施する海外派遣プログラム)で海外渡航する学生

渡航前に危機管理オリエンテーションを受講する義務があります。(受付で学生証提示)
*プログラム参加が決まった学生は、海外派遣プログラム担当係の指示に従い、危機管理オリエンテーションに参加してください。 基本的には各自の都合に合わせてどの回を受講しても構わないですが、海外派遣プログラムによっては、受講回が決まっている場合もあります。
*授業等の関係でどうしても出席が困難な場合は、事前に参加予定の海外派遣プログラム担当係に申し出てください。

◇大学プログラム以外で海外渡航する学生

希望する学生は、誰でも危機管理オリエンテーションを受講することが可能です(受付で学生証提示)。
開催日程・場所については、国際交流課または所属学部・研究科の教務学生係に確認し、自由に受講してください(事前予約不要)。

危機管理制度

本学では、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(以下、EAJ)と契約し、海外渡航中の危機管理対策を行っています。みなさんの渡航情報を管理・把握することにより、有事の際にはEAJを中心に、迅速に安全確保を行います。留学生危機管理サービス(Overseas Student Safety Management Assistance : OSSMA、以下OSSMA)は24時間日本語で以下のサポートを提供しています。

◆【パンフレット】OSSMAとは?

日本語(PDF形式)    英語(PDF形式)


パーソナル支援 
海外渡航・滞在時の困りごとの相談デスク
・パスポート、航空券、クレジットカード等の盗難や紛失の際の支援
・航空機遅延時の対応 ・ものを置き忘れした際の相談  etc...

海外医療アシスタンスサービス

① 医師や海外医療機関の紹介・予約
② 海外医療機関受診時における電話による通訳サポート
③ 医療費などの海外旅行保険請求についてのアドバイス
④ 医師派遣、緊急移送、日本への帰国搬送の手配、日本での受入病院の手配

ご家族への渡航サポート
ご家族等が現地に救援に向かう場合のパスポートやビザの緊急発給支援、航空機や宿泊予約、費用の立替等

健康・メンタルケア
医師による健康・メンタルヘルスに関する電話相談

弁護士紹介
刑事・民事を問わず法律アドバイスが必要な場合、弁護士等を紹介

※これらは一部の紹介です。詳細はOSSMAチラシ等をご確認ください。
※OSSMAは海外旅行保険ではありません。入院、治療、検査等の医療費などは個人負担となります。そのため、 海外旅行保険には必ず加入してください。

OSSMA登録方法

◇大学プログラム(本学が企画・実施する海外派遣プログラム)で海外渡航する学生

OSSMAへの登録が義務付けられています(会費は大学負担)。登録手続きは大学が行いますので、派遣決定後、海外渡航プログラム担当係の指示に従ってください。

◇大学プログラム以外で海外渡航する学生 ※平成30年4月以降渡航

希望する学生は、OSSMAに登録することができます(会費は学生負担)。以下の登録方法を確認のうえ、各自で手続きを行ってください。

・クレジットカード決済について(日本語(PDF)英語(PDF)
・コンビニエンスストア決済について(日本語(PDF)英語(PDF)

海外旅行保険

海外渡航・滞在中のケガや病気に備え、必ず保険の準備をしてください。海外で重大な病気や事故が発生してしまった場合には、下記の例のように、莫大な額の治療費等が発生する場合があります。クレジットカードに付帯している簡易な保険では不十分ですので、損害保険会社の海外旅行保険に加入するようにしてください。また、現地での保険加入を留学先の大学が義務付けている場合がありますが、補償範囲が異なりますので、両方の保険に加入するようにしてください。

※高額な海外での治療費や移送費
 たとえば、アメリカでは病状によっては、入院費が1日で100万円以上かかるケースもあります。また、日本から親族の方が現地に出向き、あるいは本人を日本まで移送する場合も、2,000万円以上かかることがあります。これらの費用(「治療・救援者費用」)に関して、クレジットカードの保険では、100万円程度しか補償がないことが多いので、出来る限り補償が無制限の保険に加入してください。
 また、歯科疾病の治療費用は、保険の対象外となることが多いので、よく留意してください。

◆「学研災付帯海外留学保険(以下、「付帯海学」)」について

対象者:私的旅行を除く、海外渡航するすべての学生
※「学研災」(学生教育研究災害傷害保険)へ加入していることが前提になります。

「付帯海学」加入方法

◇大学プログラム(本学が企画・実施する海外派遣プログラム)で海外渡航する学生

「付帯海学」へ原則加入します。航空券購入後に、下記のバナーをクリックし、専用ホームページから各自で加入手続きを行ってください。

◇大学プログラム以外で海外渡航する学生 ※平成30年4月以降渡航

私的旅行での海外渡航を除き、希望する学生は、「付帯海学」に加入することが出来ます。航空券購入後に、下記のバナーをクリックし、専用ホームページから各自で加入手続きを行ってください。

「付帯海学」のパンフレット・料金・加入手続きについて

海外渡航届

海外で事件や事故、災害などが発生した場合に備えて、必ず「海外渡航届」を提出してください

海外渡航届の提出方法

◇海外渡航する学生全員

平成30年4月から、海外渡航届の提出がオンライン化されます。GEMs(神戸大学グローバル教育管理システム)で提出してください。システムが利用できない場合は、こちらの様式(WORD形式PDF形式)を使って、所属学部・研究科の教務学生係に提出してください。

海外へ渡航する際には、必ず提出してください。個人での留学や私的な旅行の場合も提出が必須です。また、海外渡航届の提出後、海外旅行保険加入や滞在先の変更など新たな情報がある場合は、必ずGEMsで変更を届け出てください。海外滞在中でもインターネット環境があれば、GEMsにアクセス可能です。


外務省海外旅行登録「たびレジ」

「たびレジ」に登録することで、滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などを受け取ることが出来ます。

「たびレジ」登録方法について

◇海外渡航する学生全員

以下のURLから各自で「たびレジ」に登録してください。

●外務省海外旅行登録「たびレジ」
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

「在留届」

「在留届」を提出することで、緊急事態が発生した場合に、日本国大使館や総領事館からメールによる通報や迅速な援護を受けることが出来ます。この手続きは渡航後に行います。

「在留届」提出方法について

◇海外に3ヶ月以上滞在する学生全員

渡航後、現地での住所等が決まったら、以下のURLから各自で「在留届」を提出してください。また、「在留届」提出時の内容から変更が生じた場合には「変更届」、帰国時には「帰国届」を提出してください。これらの手続きについても、以下のURLから行うことが出来ます。

●在留届電子届出システム「ORRnet(Overseas Residential Registration)」

旅券法第16条により、外国に住所または居所を定めて3ヶ月以上滞在する日本人は、「在留届」を提出することが義務付けられています。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/

その他

◆危機管理に関する情報収集

 海外渡航・滞在においては、常に「自分の身は自分で守る」という心構えを持つことが大切です。以下の参考URLを参照し、特に自分の渡航する地域については重点的に安全情報や政治情勢等の情報収集を心がけましょう。
※原則として、外務省「危険情報」発出地域への学生の渡航は認められません。

参考URL:
・外務省 海外安全ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/
・外務省 在外公館リスト http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/zaigai/index.html
・海外安全 虎の巻(http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/tora_2018.pdf
・外務省 海外安全アプリ(http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html
・厚生労働省 海外での感染症予防(http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/travel-kansenshou.html

◆留学生の方へ

 留学生(在留カードを所持する外国人)が一時的に日本を離れる場合は、出国後1年以内に再入国しないと在留資格が失われますので注意してください。出国する際に、必ず在留カードを提示してください。(日本での在留期限が出国後1年未満に到来する場合は、その在留期限までに再入国してください。)
 一時的に日本を離れる場合、GEMs(神戸大学グローバル教育管理システム)で届け出てください。
 一時的に母国へ帰省する場合は、指導教員の了承を得た後、「一時帰国届」を、海外留学・海外研修・海外旅行等で外国へ渡航する場合は「海外渡航届」を提出してください。