海外渡航・滞在時の危機管理

海外で事件や災害などが発生した場合、神戸大学が学生の皆さん方の安全確保に最大限の努力をするために、「海外渡航届」(WORD形式PDF形式) の提出をお願いしています。

海外渡航・滞在時の危機管理について

神戸大学は、「多様な価値観を尊重し、異文化に対する深い理解力を有し、コミュニケーション能力に優れた」人材を育成することを教育憲章に掲げています。皆さんが積極的に海外で学び、世界に羽ばたく人材に育っていかれることを願っていますが、一方で、海外では、事故、感染症、テロや内戦といった多くの危険があることも事実です。したがって、海外渡航・滞在時には危機から身を守ることが求められますので、以下のことに十分な注意を払ってください。

危機管理システム及び海外旅行保険について

該当のものをクリックしてリンクをご覧ください。

*本学のプログラム:本学が募集する海外派遣プログラム等、または、学長/部局長による推薦の下に参加する海外派遣プログラム等

情報収集

海外渡航・滞在においては、まず「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、情報収集や安全対策に努めてください。外務省がホームページ等で発出している「危険情報」などを参照し、日々、世界及び地域の情勢についての情報を収集しておきましょう。

※原則として、外務省「危険情報」発出地域への学生の渡航は認められません。

外務省海外安全ホームページ http://www.anzen.mofa.go.jp/

家族・大学への連絡

出発前に必ず旅行日程や宿泊先、旅行中の連絡手段等をご家族や友人等に残しておいてください。また、滞在先から定期的に連絡してください。また、海外で事件や災害等が発生した場合は、速やかに安否情報を家族及び大学に連絡しましょう。

在外公館への「たびレジ」又は「在留届」の登録について

危険情報の有無にかかわらず、海外へ渡航する学生等が、外務省からの最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、緊急連絡などを受け取れるように、「たびレジ」又は「在留届」に登録してください。

1)外務省海外旅行登録「たびレジ」
3ヶ月未満の渡航を予定している場合、もしくは外国での住所・居所を定めず3ヶ月以上渡航する場合。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

2)在留届電子届出システム「ORRnet(Overseas Residential Registration)」
旅券法第16条により、外国に住所または居所を定めて3ヶ月以上滞在する日本人は、「在留届」を提出することが義務付けられている。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/

留学生の方へ留学生 (在留カードを所持する外国人) が一時的に日本を離れる場合は、出国後1年以内に再入国しないと在留資格が失われますので注意してください。出国する際に、必ず在留カードを提示してください。(日本での在留期限が出国後1年未満に到来する場合は、その在留期限までに再入国してください。)