1月10日農学研究科大会議室にて、平成30年度優秀若手研究者賞授賞式・発表会を行いました。

優秀若手研究者賞は、本学が卓越研究大学として世界最高水準の教育研究拠点になるための取組みの一環として、平成27年度より創設されたものです。卓越した業績を上げた若手研究者を表彰し、将来本学の研究リーダーとして活躍することを期待すると共に、研究者の育成及びその能力を最大限に発揮できるシステムを構築することを目的としています。

各部局長から推薦を受けた若手研究者の中から、論文・著書の成果、受賞歴、外部資金獲得状況や社会貢献といった業績を評価した結果、このたび学長賞・理事賞を含む5名の受賞者が選ばれ、武田学長より表彰されました。合わせて研究費の一部が支援される予定です。

 

 授賞式には学長、理事、部局長等が出席しました。賞状が贈られた後、受賞者の中から4名の研究者が、受賞に至った自身の研究内容について、プレゼンテーションを行いました。研究者らは今後の展望を踏まえつつ、各自の研究内容について発表・解説を行い、参加者からの質問に答えるなどしました。

当日参加が叶わなかった医学研究科三木明子助教については、1月28日に学長室にて、武田学長より表彰されました。

神戸大学では、これからも優秀な若手研究者を、様々な形で積極的に支援していく予定です。

〈平成30年度優秀若手研究者賞受賞者〉

優秀若手研究者賞・学長賞
内海域環境教育研究センター 浅岡 聡 助教

優秀若手研究者賞・理事賞
農学研究科 山下 陽子 特命助教

優秀若手研究者賞
人間発達環境学研究科 佐藤 幸治 准教授

法学研究科 砂原 庸介 教授

医学研究科 三木 明子 助教


下段左から:山下特命助教、武田学長、浅岡助教
上段左から: 小川理事、 砂原教授、 佐藤准教授


左から:三木助教、武田学長

 

(研究推進課)