神戸大学海洋底探査センターの巽好幸教授ら研究グループが発表した "Giant rhyolite lava dome formation after 7.3 ka supereruption at Kikai caldera, SW Japan" が、Nature Publishing Groupの発行するScientific Reports誌で「TOP 100 READ ARTICLES 2018」に選ばれました。

 2018年、Scientific Reportsには17,000本以上の論文が掲載されており、この中から本論文は28,000回以上の閲覧数を得て、この度の最も読まれた論文TOP100選出に至りました。

 本論文は、2019年5月8日にScientific Reportsから公開された "Journal Top 100" において、7位の閲覧数です。


関連リンク