222nmと254nmの皮膚への照射イメージ

 神戸大学大学院医学研究科外科系講座整形外科学 黒田教授グループ(所在地:兵庫県神戸市、以下 神戸大学医学部)と、ウシオ電機株式会社(本社:東京都 代表取締役社長:浜島 健爾、以下 ウシオ)は、世界で初めて、500mJ/㎝2の222nm UVC紫外線を人体正常皮膚に直接照射し、急性障害である紅斑の発生なく常在菌を殺菌することに成功しました。

 従来、多剤耐性の殺菌においては、UVC紫外線のうち主に254nmが用いられてきましたが、人体に直接照射すると10mJ/cm2程度で皮膚の急性傷害の指標の皮膚が赤くなる日焼け反応(紅斑) が現れるため、人体への直接照射は難しいとされて来ました。
 しかし、今回照射した222nmの場合、500mJ/cm2という高い照射量でも皮膚に急性障害が発生しないことが臨床試験で確認され、医療および非医療分野における紫外線殺菌・消毒の応用に大きな可能性があることが示されました。



■ 詳細はこちらをご覧ください。
世界初、神戸大学とウシオ電機が人体正常皮膚への222nm紫外線直接照射で、障害なく常在菌の殺菌に成功 | ウシオ電機

関連リンク