1. HOME
  2. 教育・学生生活
  3. 教育
  4. 教育情報の公表
  5. 大学院研究科における人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

大学院研究科における人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

本学大学院研究科における、人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的は、次のとおりです。

人文学研究科

人類がこれまで蓄積してきた人間や社会に関する古典的な文献の原理論的研究とフィールドワークを重視した社会文化の動態的分析を通じ、新たな社会的規範と文化の形成に寄与する教育研究を行っています。

専攻 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
文化構造専攻 人類がこれまで蓄積してきた人間や社会に関する古典的な文献の原理論的研究を通じ、新たな社会的規範と文化の形成に寄与する教育研究を行うとともに、前期課程においては、人文学の基礎的な方法を継承しつつ、個々の文化現象の現代的意味を問うことのできる基礎的能力を備え、人文学を知識基盤社会に活かすことのできる人材を養成することを目的とし、後期課程においては、人文学の高度な研究法を継承しつつ、新たな社会的規範と文化の形成に寄与できる能力や、共同研究を企画し、組織する能力を持つ人材を養成することを目的としています。
社会動態専攻 フィールドワークを重視した社会文化の動態的分析を通じ、新たな社会的規範と文化の形成に寄与する教育研究を行うとともに、前期課程においては、社会文化の動態的分析の基礎的な能力を備え、人文学を知識基盤社会に活かすことのできる人材を養成することを目的とし、後期課程においては、社会文化の高度な動態的分析能力を備え、新たな社会的規範と文化の形成に寄与できる能力や、共同研究を企画し、組織する能力を持つ人材を養成することを目的としています。

国際文化学研究科

現代世界における異文化間の相互作用やグローバル化による文化の変容とコミュニケーションに関わる諸問題を学際的に究明することを教育研究上の目的としており、これらの問題に深い異文化理解能力と自在なコミュニケーション能力をもって対応し得る、豊かな学識と創造的な研究能力を備えた人材を養成することを目的としています。

専攻 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
文化相関専攻 異文化間の相互作用に関わる諸問題を文化の相対性を視座として究明することを教育研究上の目的とし、前期課程においては、個別地域文化と異文化間の相互作用について、幅広い専門的知識と基礎的な研究能力を持つ人材を養成することを目的とし、後期課程においては、個別地域文化と異文化間の相互作用について、高度な専門的知識と自立した研究能力を持つ人材を養成することを目的としています。
グローバル文化専攻 グローバル化による文化の変容とグローバル化時代のコミュニケーションに関わる諸問題を究明することを教育研究上の目的とし、前期課程においては、現代の様々な文化を通底するシステムと外国語運用を含む先端的コミュニケーションについて、幅広い専門的知識や基礎的な研究能力を持つ人材を養成することを目的とし、後期課程においては、現代の様々な文化を通底するシステムと外国語運用を含む先端的コミュニケーションについて、高度な専門的知識や自立した研究能力を持つ人材を養成することを目的としています。

人間発達環境学研究科

人間の発達と、それを取り巻く人間環境に関わる応用的・実践的教育研究活動に主体的に参加し、これを推進する中核的な人材の養成を行うことを目的としています。

専攻 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
人間発達専攻 多様な側面を持つ人間それ自身の発達を総合的な視点から教育研究対象とし、前期課程においては、人間の発達に関する実践的諸課題の解決やそれを支える新たな公共の創出に貢献する高度専門職業人の養成を目的とし、後期課程においては、人間発達に関する高度な専門的学識及び創造的な研究能力を持つ自立した研究者又は研究能力に加えて確かな教育開発能力を備えた大学等の教員の養成を目的としています。
人間環境学専攻 人間の発達を促進し支援する環境要因の解明と開発を教育研究対象とし、前期課程においては、各履修コースに関する高度な専門的知識と基礎的な研究能力を持つ高度専門職業人や市民社会で活躍できる人材の養成を目的とし、後期課程においては、人間環境学に関する高度な専門的学識と創造的な研究能力を持つ自立した研究者や、研究能力に加えて確かな教育開発能力を備えた大学等の教員の養成を目的としています。

法学研究科

専攻 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
法学政治学専攻 前期課程においては、法学・政治学の基礎的・応用的研究とともに、研究・教育に従事する国内外の次世代の法学・政治学研究者の養成、学部段階以上の法学・政治学の知識を有し、豊かな問題解決能力を備えた人材の養成、現代社会の法律、政治及び政策問題に対処しうる応用的・実際的・総合的な解決能力を有する社会人の教育、より専門性の高い分野で活躍できる職業法曹等の養成及び継続教育を目的としています。また、後期課程においては、実務法律専攻を修了した者も含め、次世代研究者の研究・教育能力のさらなる深化、前期課程において行った研究を踏まえ、より高度な問題解決能力を有する専門職業人の養成を目的としています。
理論法学専攻 法の基礎的研究とともに、前期課程においては、研究・教育に従事する国内外の次世代の法学研究者の養成、学部段階以上の法学の知識を有し、豊かな問題解決能力を備えた人材の養成、現代社会の法律問題、政策問題に対処しうる応用的・実際的・総合的な解決能力を有する社会人の教育、より専門性の高い分野で活躍できる職業法曹等の養成と継続教育を、後期課程においては、実務法律専攻を修了した者も含め、次世代研究者の研究・教育能力のさらなる深化、前期課程において行った研究を踏まえ、より高度な問題解決能力を有する専門職業人の養成を目的としています。
政治学専攻 政治学の基礎的・応用的研究とともに、前期課程においては、研究・教育に従事する国内外の次世代の政治学研究者の養成、学部段階以上の政治学の知識を有し、豊かな問題解決能力を備えた人材の養成、現代社会の政治問題、政策問題に対処し得る応用的・実際的・総合的な解決能力を有する社会人の教育を、後期課程においては、次世代研究者の研究・教育能力のさらなる深化、前期課程において行った研究を踏まえ、より高度な問題解決能力を有する専門職業人の養成を目的としています。
実務法律専攻 (専門職学位課程) 法の応用的研究とともに、基本的な法領域に関して深い知識と豊かな応用力を有する職業法曹や基本的な法領域に関する知識に加え、ビジネス・ローを中心とした先端的法分野についての知識と能力を有する職業法曹の2種類の法曹を中心としつつ、先端的な研究に裏打ちされた、国際性・専門性に富んだ職業法曹を養成することを目的としています。

※平成30年4月より、理論法学専攻と政治学専攻を改組し、法学政治学専攻を設置しました。なお、学生が在学する間、理論法学専攻、政治学専攻は存続します。

このページのTOPへ

 

経済学研究科

経済学に関する人類の知見を継承し、創造的に発展させることを通じて、経済学の進歩及び人類の幸福に資することを目的としています。

課程 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
前期課程 広い視野に立って深い学識を授け、経済学における研究能力や、これに加えて高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培うことを目的としています。
後期課程 経済学について、研究者としての自立した研究活動や、その他の高度に専門的な業務に従事するために必要な高度の研究能力と、その基礎となる豊かな学識を養うことを目的としています。

経営学研究科

わが国における経営学・会計学・商学の中核的教育研究拠点 (Center of Excellence) (以下「COE」という。) として、その各分野における先端的な教育研究を行っています。

課程 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
前期課程 経営学・会計学・商学全般と、それらに関連する基礎的学問分野の高度な専門知識を持ち、経営学・会計学・商学の特定の専攻分野において、新たな科学的知見を生み出す科学的方法論を修得し、大学、研究機関や産業界で当該分野の発展に寄与する人材を養成することを目的としています。
後期課程 わが国における経営学・会計学・商学のCOEとして研究科で行われる先端的研究を通じて、経営学・会計学・商学の特定の専攻分野において深い専門知識に精通し、独創的研究を行う人材を養成し、当該人材が、大学や研究機関等において当該分野の高度な研究・教育に従事し、その発展に主導的役割を果たすとともに、その成果を世界に及ぼし、人類の進歩と発展に寄与することを目的としています。
専門職学位課程 神戸大学MBAプログラム (専門職学位課程) は、日本の経営方式やビジネスの慣行の合理性と限界について正確な知識を持ち、それを土台にして、国際的に活躍できるビジネス・エリートを育成するという日本型のMBA教育の確立を目指し、実社会で既に活躍している社会人を受け入れ、教員の高い教育・研究能力を活用して、日本のビジネス社会の中核となる人材を養成することを目的としています。

理学研究科

自然科学の基礎である理学諸分野を探究することによって自然認識の深化を図り、もって社会の知的基盤の形成に貢献するための教育研究を行っています。

専攻 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
数学専攻 自然界や社会現象における数理を探求し、広範な数理現象の解明を目指した教育研究を行うとともに、前期課程においては、数学を深く探究するための基礎となる能力や、これに加えて関連する専門的職業を担うための能力を持つ人材を養成することを目的とし、後期課程においては、数学の各専門分野で自立して研究を行う能力とその基礎となる豊かな学識や、これに加えて高度の専門性を要する職業を担うための能力を持つ優れた人材を養成することを目的としています。
物理学専攻 宇宙から分子、原子や素粒子に至る広い範囲にわたって、物質の構造と機能を根本原理から理解することを目指した教育研究を行うとともに、前期課程においては、物理学を深く探究するための基礎となる能力や、これに加えて関連する専門的職業を担うための能力を持つ人材を養成することを目的とし、後期課程においては、物理学の各専門分野で自立して研究を行う能力とその基礎となる豊かな学識や、これに加えて高度の専門性を要する職業を担うための能力を持つ優れた人材を養成することを目的としています。
化学専攻 新しい物質の創製や新しい化学現象と化学原理の探求を目指した教育研究を行うとともに、前期課程においては、化学を深く探究するための基礎となる能力や、これに加えて関連する専門的職業を担うための能力を持つ人材を養成することを目的とし、後期課程においては、化学の各専門分野で自立して研究を行う能力とその基礎となる豊かな学識や、これに加えて高度の専門性を要する職業を担うための能力を持つ優れた人材を養成することを目的としています。
生物学専攻 すべての生物に共通する生命の仕組みと生物界の多様性の成り立ちの解明を目指した教育研究を行うとともに、前期課程においては、生物学を深く探究するための基礎となる能力や、これに加えて関連する専門的職業を担うための能力を持つ人材を養成することを目的とし、後期課程においては、生物学の各専門分野で自立して研究を行う能力とその基礎となる豊かな学識や、これに加えて高度の専門性を要する職業を担うための能力を持つ優れた人材を養成することを目的としています。
惑星学専攻 地球・太陽系・宇宙に係る構造・起源・進化と、そこで生起する諸現象の解明を目指した教育研究を行うとともに、前期課程においては、惑星学を深く探究するための基礎となる能力や、これに加えて関連する専門的職業を担うための能力を持つ人材を養成することを目的とし、後期課程においては、惑星学の各専門分野で自立して研究を行う能力とその基礎となる豊かな学識や、これに加えて高度の専門性を要する職業を担うための能力を持つ優れた人材を養成することを目的としています。

医学研究科

専攻 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
バイオメディカルサイエンス専攻 バイオメディカルサイエンス及び医学の先端的・学際的研究を推進するとともに、同分野における優れた研究者、教育者及び関連する産業分野において高度の専門的な学識をもって活躍できる人材の養成を目的としています。
医科学専攻 医学・生命科学領域における高度で先端的・学際的研究を推進するとともに、将来、医学・生命科学を担う優れた医学研究者並びにリサーチマインド及び高度な臨床技能を兼ね備えた臨床医 (高度職業人) の養成を目的としています。

保健学研究科

人々の健康を身体的、社会的、倫理的側面から総合的に捉え、総合保健医療の創造及び実践に向けた研究を行っています。

課程 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
前期課程 看護学、病態解析学、リハビリテーション科学、地域保健学及び国際保健学を高いレベルで推進できる研究者、教育者及び専門職業人の養成を目的としています。
後期課程 分析力及び問題解決能力をさらに高度化し、臨床実践を通じて新しい保健学を構築できるリサーチマインドを持った指導的研究者、教育者及び高度専門職業人の養成を目的としています。

工学研究科

各専攻分野の幅広い知識と学際的視点を有する人材、特に複眼的視野を有する創造性豊かな高度専門職業人や、創造性及び国際性を有する研究者・高等教育機関の教員等を養成するため、専門性、学際性及び実践性を重視した教育研究を行っています。

専攻 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
建築学専攻 建築学は、人間生活の基盤である住宅や建築施設を創造する最も普遍的な学の一つであることから、前期課程においては、「計画」・「構造」・「環境」という建築の基礎的学問領域のより高度な知識を習得し、これらを総合して現実的課題に対する具体的解答を導き出す「空間デザイン」の能力を備えた人材の養成を目的とし、後期課程においては、それぞれの専門分野に対応した理論の構築及び深化を目指し、国際性を有する高度な専門知識を備えた人材の養成を目的としています。
市民工学専攻 市民工学は、土木工学を基盤とした公共利用のための社会基盤施設の建設と保全を通じて、安心・安全で環境に調和した市民社会を創造することを目指す工学領域であることから、前期課程においては、21世紀の市民社会が必要とするパブリックサービスの担い手となるための幅広い分野における専門知識と応用力を習得した人材の養成を目的とし、後期課程においては、先端的分野に特化した教育研究を行うことにより、国際社会に寄与できる創造性豊かで高度な専門知識を備えた人材の養成を目的としています。
電気電子工学専攻 高度情報化社会に要求される新しいナノ材料、デバイス、ハードウェア、ソフトウェア、ウェアラブルコンピューティング技術、システム技術の基礎理論や新しい展開の教育研究を、機能的に融合した電子物理大講座と電子情報大講座において行うことにより、前期課程においては、高度な専門基礎学力と基礎的研究能力を兼ね備えた人材の養成を目的とし、後期課程においては、より高度な専門知識に基づいて新しい技術の展開に寄与できる国際性豊かな人材の養成を目的としています。
機械工学専攻 前期課程においては、将来の科学技術と基盤産業を先導する機械工学を、熱流体工学、材料物理工学、設計生産工学の3分野を柱に恒常的に創造するための研究を行い、自然科学・情報科学・社会科学等の基盤的な学問分野を修め、優れた専門知識を備えた技術者と研究者の養成を目的とし、後期課程においては、人類社会の持続的な発展を実現するために必要な先進的かつ卓越した学術研究を推進することにより、国際的な視野と見識、独創的な課題探求能力を有する指導的人材の養成を目的としています。
応用化学専攻 様々な分子や材料について、機能発現の機構解明と、それに基づく新規な物質創製から、化学・バイオ生産技術、分離・精製技術の高度化や全体的な生産プロセスの解析にわたる広範囲な内容を統合した教育研究を行うことにより、前期課程においては、バランスの取れた化学技術者の養成を目的とし、後期課程においては、化学に関する高度な専門知識や優れた応用力と創造力を持ち、高度化・多様化する社会ニーズに対応して将来の化学工業を背負って立つ研究者・技術者の養成を目的としています。

システム情報学研究科

システムの解析・統合の基礎となるシステム科学、情報の創出・処理・利用に寄与する情報科学、高性能計算技術とその諸科学・工学への応用を追求する計算科学の各専攻分野を柱として、システム情報(自然から工学、社会までの広範なシステムに内在する意味のある情報をいう。)を核に、新たな知識・価値の創出を目指す新しい学問領域の創成・展開を図るとともに、これに貢献する豊かな創造性と国際感覚を有する人材を養成するための教育研究を行っています。

専攻 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
システム科学専攻 システムの解析・設計・構築・運用のための理論と技術に関する学際的な教育研究を行います。前期課程においては、アナリシスとシンセシスを効果的に実践するシステムズ・アプローチの方法論と問題解決能力を身に付けさせるとともに、学際的視野を有する創造性豊かな人材の養成を目的とし、後期課程においては、それぞれの専門分野の深化のみならず、異分野融合のための新たな理論・技術を創造する卓越した能力を有する技術者と研究者の養成を目的としています。
情報科学専攻 情報の数理的基礎理論の構築から、情報処理の新しい方法論の探究,先端的な情報応用技術の開発に至るまでの教育研究を行います。前期課程においては、価値ある情報の創出・処理・利用に寄与する情報科学に関する基礎理論からその社会的応用に至るまでの広範な学術領域において、広い視野を持ち、指導的役割を果たすことができる人材の養成を目的とし、後期課程においては、これらの学術領域において、自ら問題を設定し、探求し、解決できる高度な課題探求能力と豊かな創造性を有する技術者と研究者の養成を目的としています。
計算科学専攻 高性能計算の技術的基礎と計算アプローチによる自然現象の理解・ 解明とその応用に関する教育研究を行います。前期課程においては、超並列計算・アルゴリズム等の高性能計算技術とその応用において、幅広い知識と高い創造性を有する人材の養成を目的とし、後期課程においては、高性能計算に関する新理論・技術の創出とこれを駆使した革新的な科学技術の開拓 ・展開・実践において卓越した能力を有する技術者と研究者の養成を目的としています。

農学研究科

食料・環境・健康生命に代表される農学の諸課題を探求することによって、持続共生社会を構築する高度な技術と知的基盤の創成に貢献するための教育研究を行っています。

専攻 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
食料共生システム学専攻 農業工学と農業経済学の融合による学際的な視点と方法論に基づき、自然・人工環境、作物・食料、人間・地域国際社会と生産技術を包括した食料共生システムの構築に係る教育研究を行うとともに、前期課程においては、農業生産基盤から食料の生産・加工・流通・消費に至る様々な問題に取り組める研究能力や高度な専門性を要する職業等に必要な能力を持つ人材の養成を目的とし、後期課程においては、我が国のみならず、アジアや世界の広範な視点から、持続的かつ効率的な食料生産と供給を可能にするシステムの構築と発展に貢献する上で必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識と技術を備えた優れた人材を養成することを目的としています。
資源生命科学専攻 有用な動物、植物、微生物とそれらの相互作用に係る諸問題を、遺伝子から生態系レベル及び基礎から応用までを統括した資源生命科学として捉えた教育研究を行なうとともに、前期課程においては、生物資源の探索・生産・利用・管理技術の開発に向けた研究能力又は高度な専門性を要する職業等に必要な能力を持つ人材の養成を目的とし、後期課程においては、生物資源に関して独創的な学術研究と科学技術開発を推進することにより、高度な専門的・総合的な知識や思考力を持ち、食料生産から先端バイオ領域まで幅広い分野を担う上で必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識と技術を備えた優れた人材を養成することを目的としています。
生命機能科学専攻 生命が生み出す多岐にわたる機能を作物、食品、化学・医薬品等の生産に活用するためのバイオサイエンスたる生命機能科学に係る教育研究を行なうとともに、前期課程においては、農と食に関わる多様な機能と現象を分子から生態レベルまで広範囲に解析できる研究能力や、高度な専門性を要する職業等に必要な能力を持つ人材の養成を目的とし、後期課程においては、学問の進むべき方向を広い視点から洞察し、生命機能の化学的活用や農環境の保全・創造に関わる先端科学を担いうる優れた思考力・実験力・表現力を備え、かつ社会に貢献する上で必要な高度の研究能力と、その基礎となる豊かな学識と技術を備えた優れた人材を養成することを目的としています。

海事科学研究科

海・船を舞台にした地球規模の人間活動に関わる輸送・情報・エネルギー・環境保全等の問題を、自然科学と社会科学を高度に連携させた科学的なアプローチによって解決することを目指した教育・研究を行っています。

課程 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
前期課程 創造性豊かな高度専門職業人を養成することを目的としています。
後期課程 創造性豊かな思考、実践的能力と研究開発能力を持った研究者や、高度専門職業人を養成することを目的としています。

国際協力研究科

国際社会の発展に貢献しうる優秀な人材を養成するため、専門性、学際性と実践性を重視した教育研究を行うことを目的としています。

専攻 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
国際開発政策専攻 前期課程においては、経済学に基づき開発援助に関わる諸問題を体系的に教育研究し、多様な知識と能力をもって経済開発に携わる人材を養成することを目的とし、後期課程においては、開発経済学を中心として国際協力に関する政策の立案及び理論の彫琢について教育研究し、高度な研究・実務の専門家や教育者を養成することを目的としています。
国際協力政策専攻 前期課程においては、国際的な枠組みと開発途上国の政治社会の実態を踏まえ、多面的な国際協力に関わる政策と理論を教育研究し、国際社会の発展に貢献する人材を養成することを目的とし、後期課程においては、社会科学の理論と応用的知識を教育研究し、高度な研究・実務の専門家や教育者を養成することを目的としています。
地域協力政策専攻 前期課程においては、開発途上国の諸社会の特徴と分野別協力を教育研究し、応用的・実践的な政策学に携わる国際的人材を養成することを目的とし、後期課程においては、開発途上国を文化別・地域別に取り上げ、特定の協力分野に関する地域協力政策を教育研究し、高度な研究・実務の専門家や教育者を養成することを目的としています。

科学技術イノベーション研究科

先端科学技術の基礎研究、応用研究はもとより、技術開発から事業化までを視野に入れたイノベーションの創出のための教育研究を行うことを目的としています。

課程 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
博士前期課程 先端科学技術に深い理解力をもち、学術的研究成果の事業化プロセスをデザインできる人材を養成することを目的としています。
博士後期課程 先端科学技術分野における科学技術ブレークスルーを実現するとともに、イノベーション・アイデアを自らデザインし、具体的なイノベーションにつなげる戦略構築を立案できる人材を養成することを目的としています。
修士課程 先端科学技術の基礎研究、応用研究はもとより、技術開発から事業化までを視野に入れたイノベーションの創出を教育研究上の目的とし、先端科学技術に深い理解力をもち、学術的研究成果の事業化プロセスをデザインできる人材を養成することを目的としています。

※平成30年4月より、研究科の専攻に係る課程の変更によって修士課程を博士前期課程とし、新たに博士後期課程を設置しました。なお、学生が在学する間、科学技術イノベーション研究科修士課程は存続します。

このページのTOPへ