民間アパートの連帯保証制度

留学生のみなさんが民間アパートに入居する際に連帯保証人を見つけることが困難な場合、 神戸大学はみなさんの連帯保証人になってきましたが、2018年12月31日をもって、神戸大学による民間アパートの連帯保証制度(機関保証)を廃止しました。

神戸大学では、大学の連帯保証制度(機関保証)を行っていませんので、不動産会社等が指定する民間の保証会社を利用してください。

ただし、2018年12月31日までに入居を開始して、神戸大学が連帯保証人になっているアパートについては、契約内容に変更がない場合にかぎり・転居・卒業まで神戸大学の連帯保証を継続します。

民間アパートの連帯保証制度(機関保証)について (PDF形式)

Rental Guarantor System at Kobe University (PDF)

現在、大学の連帯保証制度を利用している留学生のみなさんへ

契約内容に変更がない場合にかぎり、転居・卒業まで神戸大学の連帯保証を継続します。現在の契約内容や留学生住宅総合補償期間を確認してください。

下記の場合は、速やかに国際交流課にて必要な手続きをしてください。

  • 転居するとき
  • 留学生住宅総合補償の補償期限が近くなったとき
  • アパートの契約内容を変更したとき(同居人の変更等があった場合)
  • 賃貸借契約を更新または解約するとき
  • アパートで、家事、水漏れ事故などが起こったとき
  • 卒業(修了)、退学等で神戸大学を離籍するとき
  • 休学するとき

留学生住宅総合補償の補償期間更新手続き

留学生住宅総合補償の補償期限が近くなったとき、名前と希望する加入期間 (6か月、1年間もしくは2年間) を国際交流課へ連絡してください。加入金の払込票が発行されますので、それを持ってコンビニエンスストアにて支払いを済ませてください。

保険料等負担金
6か月加入の場合 2,000円
1年間加入の場合 4,000円
2年間加入の場合 8,000円 

留学生住宅総合補償の契約期間が過ぎた場合、連帯保証人は解除します。必ず満期日までに更新をしてください。尚、卒業、退学等が確認された場合も連帯保証人を解除します。

留学生住宅総合補償については、財団法人日本国際教育協会のホームページ を参照してください。