保険について

国民健康保険

 日本には医療費の負担を軽減するための国民健康保険制度があります。日本に在留する全ての留学生は国民健康保険に加入しなければなりません。
 加入の手続きは居住地の区(市)役所にて行います。加入後は月々の保険料を支払います。国民健康保険に加入すると国民健康保険被保険者証(保険証)が交付されます。医療機関で診療を受ける時は,受付窓口で保険証を提示すれば個人が支払う医療費の負担は30%で済みます。
 就職して別の保険に加入するときや帰国するときには区(市)役所での脱退手続きを忘れずにしてください。

*高額療養費の支給
 同じ月内に同一医療機関に支払った医療費が35,400円を超える場合,区(市)役所に申請すれば超えた額の払戻しを受けることができます。国民健康保険証,領収書(原本),通帳,印鑑を持って区(市)役所で申請してください。

学生教育研究災害障害保険(学研災)

 学生(研究生,交換留学生を含む。)が大学の正課中、学校行事中、学校施設内外での課外活動中および通学中等の不慮の災害事故によって傷害を負った場合の全国的規模の相互扶助救済制度であり,原則として,入学時に保険分担金を納入して全員が加入することとしています。

 詳細はこちら 

 お問い合わせは学生支援課 (学生センター内) (TEL 078-803-5221) で受け付けています。

 

外国人留学生向け学研災付帯学生生活総合保険(インバウンド付帯学総)

外国人留学生向け学研災付帯学生生活総合保険(インバウンド付帯学総)は,学生教育研究災害傷害保険(学研災)では補償が不足すると思われる場合に,学研災に加えて任意で追加できる保険です。

本学では、留学生のみなさんが安心して日本での留学生活を送れるように、原則として入学時に全員が加入することとしています。

上記の学研災が大学の正課中、学校行事中、学校施設内外での課外活動中および通学中等の不慮の災害を被った場合の補償となっているのに対し,この保険は,私生活を含む24時間、365日のケガや病気,賠償事故など,学生生活全般の事故を補償するものです。

万が一事故が起きた時の対応は、英語による「メール」で各種照会・事故の連絡の受け付けが可能であり,示談交渉サービス (国内の事故のみ)も含まれています。

この保険は,上記の学研災に加入していることが加入の前提となります。
留学期間に合わせて月単位で加入することができます。

近年,自転車事故や器物破損により学生が高額の損害賠償請求を受けるなどのトラブルが多発しています。
本学でも,留学生が自転車で走行中に接触事故を起こして、加害者になり高額の損害賠償請求を受けたケースがありました。
また、病気やけがで病院に入院して高額の医療費を支払うことになったり、留学生の入院中に母国から親族が日本に来る際に高額の費用がかかったケースがありました。

【補償の対象】(詳細はパンフレットをご覧ください。)
1.個人賠償責任保険
  ※国内での事故に限り示談交渉サービス付き
  (例)国内外で学生本人が偶然な事故により他人にけがをさせたり、他人の物を壊したりしたとき。
     インターンシップ中やアルバイト中も補償の対象となります。
2.死亡・後遺障害保険
  (例)国内外で学生本人が急激かつ偶然な外来の事故で死亡または後遺障害を被ったとき。
3.治療費用保険
  (例)国内で学生本人がケガや病気で入院または通院したとき。
4.救援者費用等保険金
      (例)国内外で学生本人がケガや病気で継続して3日以上入院し、入院中の世話のために親族が
              駆けつけたときの交通費や宿泊料等

 

詳細は,入学時に配付される「外国人留学生向け学研災付帯学生生活総合保険」のパンフレットをご確認ください。
また,この保険のパンフレットは、国際部国際交流課でも配付しています。

「外国人留学生向け学研災付帯学生生活総合保険(インバウンド付帯学総)」(パンフレット)はこちら

 1ヵ月単位の保険料一覧表はこちら

 案内はこちら (2020年10月以降入学の留学生) (左記以外の留学生)   

国民年金

日本国内に住む20歳以上のすべての人は,国民年金に加入しなければなりません。留学生も対象になります。新たに来日した20歳以上の留学生は,市区町村に住居地を届け出た際に,また,来日時点で20歳未満の留学生も20歳になった時点で,国民年金に加入することになります。

保険料の納付が困難な学生には,学生納付特例制度や免除制度がありますので,市(区)役所で加入の手続きを行うと同時にこの制度の申請も行ってください。この制度の申請には学生証の提示が必要です。なお,学生納付特例および免除の申請は毎年必要です。

詳しくは国民年金機構のホームページを参照してください。

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/index.html