カリキュラム・ポリシー(CP)

神戸大学 教育課程の編成及び実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

学部

神戸大学は、本学の「教育憲章」及び「学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)」に基づき、学士課程においては「全学共通授業科目」及び各学部・学科に設置する「専門科目」を大きな柱とし、それぞれの学部・学科の教育目標にあわせたカリキュラムを次の方針に則り体系的に編成する。

  1. 「人間性」「創造性」「国際性」を学生に身につけさせるため、すべての学生が履修する共通の科目として、基礎教養科目、総合教養科目、高度教養科目、外国語科目、初年次セミナー、キャリア科目、情報科目、健康・スポーツ科学及びその他必要と認める科目を開設する。各科目の主な学修目標は次のとおりとする。
    • 複眼的に思考する能力を身につけることができるよう、基礎教養科目を開設する。
    • 文化、思想、価値観の多様性を受容するとともに、多分野にまたがる地球的課題を理解する能力を身につけることができるよう、総合教養科目を開設する。
    • 他の分野の人々と協働して課題解決にあたる能力を身につけることができるよう、高度教養科目を開設する。
    • 異なる文化の人々と外国語で意思を通じ合える能力を身につけることができるよう、外国語科目を開設する。
    • 自ら主体的に学修する態度とそれに必要な能力を身につけることができるよう、初年次セミナー、キャリア科目、情報科目、健康・スポーツ科学を開設する。
    なお、これらの科目は、講義・実技・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。
  2. 深い学識を涵養し、専門的能力を育成するため、各学部・学科に専門科目を開設する。

学部のカリキュラム・ポリシー

研究科

神戸大学は、本学の「教育憲章」及び「学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)」に基づき、大学院課程においては国際的に通用する深い学識、高度で卓越した専門的能力を有する人材を養成するため、以下の大学院課程、並びにそれぞれの研究科・専攻の教育目標にあわせたカリキュラムを編成する。

  1. 博士課程後期課程及び博士課程(医科学専攻)においては、自立した研究者として研究活動を遂行できる、または高度の専門性が求められる社会の多様な分野で活躍し得る、高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養う。
  2. 博士課程前期課程(修士課程)においては、深い学識の涵養を図り、研究能力または高度の専門的な職業を遂行するために必要な能力を培う。
  3. 専門職学位課程においては、幅広い分野の学士課程の修了者や社会人を対象として、特定の高度専門職業人の養成に特化して、多様な学術研究を背景とした専門知識と実践的な専門的能力を涵養する。

研究科のカリキュラム・ポリシー