奨学金について

私費外国人留学生 (外国政府派遣留学生は除く。) を対象とした奨学金として例年次の奨学団体から募集の案内があり、学業成績及び人物等の諸条件に基づいて選考が行われます。各奨学団体から奨学生の募集があれば、国際交流課から所属部局留学生担当係を通じてお知らせしますので、掲示に注意してください。

注意点
・1つの奨学金に推薦中の者は、他の奨学金を申請することはできません。
・募集時期、支給対象、月額等が変わることがありますので、募集する際は最新の募集要項を確認してください。

現在募集中

奨学金名等

支給対象

指定出身国名等 支給月額 支給期間 募集時期 採用人数
2020年度 岩谷国際留学生奨学助成
020【PDF】
【直接応募】
■中国、韓国、モンゴル、台湾、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム国籍を有する私費外国人留学生
■2020年4月1日現在、
大学院正規生(修士課程、博士課程)として在籍している者、または入学決定者並びに博士課程3年終了者で博士学位取得のための継続在籍者
■自然科学系および関連する学際分野を専攻している者
工学、理学および農学の全般、ただし医学、薬学は除く
■2020年4月1日時点で、修士課程は年齢が満30歳未満、博士課程は満35歳未満の者
■2020年4月以降、他からの奨学金を受けない者
■奨学金支給1年目に5回開催する奨学生例会への参加を含め、奨学生としての義務を果たせる者
■奨学期間中に他国への短期留学、交換留学等により日本を離れる予定のない者
■奨学金支給終了後も当財団との関係を継続する意志のある者
■国際交流と親善に貢献しうる者
■日本語で日常の会話ができる者
 中国、韓国、モンゴル、台湾、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム国籍を有する私費外国人留学生  月額150,000円  2020年4月1日より、在籍している課程の標準年限までの最長2年間  12月  15名程度
2020年度 ジャパンマテリアル国際奨学財団
018【PDF】
■ベトナム国籍を有する私費外国人留学生
■2020年4月1日現在、学部正規生(2年次以上)、または、
大学院正規生(修士課程、博士課程)として在籍している者
■2020年4月1日現在、年齢が30歳以下である者
■修学のために経済的援助を必要としている者
■学業が優秀であり、かつ人物面で信頼できる者
■日本語能力試験を受験し合格している者(受験時期と級は問わない)
■日本とベトナムの友好親善の関係増進に貢献できる者
■財団が開催する式典、交流会等にすべて参加できる者(年2回
程度)
■財団に毎月報告書を提出することができる者
ベトナム国籍を有する私費外国人留学生 月額100,000円(学部生、大学院生) 2020年4月から2021年3月までの1年間 11月 推薦2~3名
(全国で20名程度)
2020年度 川嶋章司記念スカラーシップ基金
015【PDF】
■大学、大学院の正規課程に在籍する外国からの私費外国人留学生
で、特に学業人物ともに優れ、かつ留学生活を続けていくために
経済的な援助を必要とする者
■専攻分野は、人文・社会・自然諸科学とする
■2020年4月に学部3、4年次に在籍する者
2020年4月に修士課程または博士課程に在籍する者

月額100,000円 原則2年(2020年4月~2022年3月)
※2年目継続希望者は、所定の書類提出の上、継続審査が必要
10月~11月 推薦1名(全国で7名程度採用予定)
2020年度日中友好協会アリアケジャパン奨学金
(旧・丹羽宇一郎奨学金)
013【PDF】
【直接応募】
■中国籍を持ち、日本に永住権を持たない私費外国人留学生
■現在、大学院正規生として在学し、2020年4月以降も在籍する者。研究生、オーバードクターは不可。
■研究分野は、社会科学系(法学・政治学関係、商学・経済学関係)に限る。
■学力優秀、身体健康であり、かつ、留学生活上経済的に援助を必要とする者
■1990年4月2日以降出生の者
■4ヶ月に一度、レポート提出と共に協会(東京)で行われる面談に参加できる者(交通費自己負担)
■奨学金の趣旨を理解し、将来、日本と中国のかけ橋となって国際社会に貢献する確たる目標のある者
■研究計画等を説明できる日本語能力を有する者
■協会の広報活動に卒業後も参加できる者
中国籍を持ち、日本に永住権を持たない者 70,000円(月額) 2020年4月~2021年3月までの1年間
※ 延長不可
11月~12月 若干名

 

募集終了分

2020年度

2019年度

2018年度

2017年度