神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科の白川利朗教授を研究開発代表とするグループによる「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する経口ワクチンの開発」が、国立研究開発法人日本医療研究開発機構 (AMED) の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発」に採択されました。

採択課題

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する経口ワクチンの開発

研究開発代表者:
神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科先端医療学分野 教授 白川 利朗
分担研究者:
神戸大学大学院保健学研究科国際感染症対策分野 教授 亀岡 正典
京都大学大学院生命科学研究科 教授 片山 高嶺
神戸大学先端バイオ工学研究センター 教授 蓮沼 誠久
森下仁丹株式会社ヘルスケア研究開発部 部長 川上 宏智

概要

 プロバイオティクスであるビフィズス菌表層に新型コロナウイルス(SARS-COV-2)の抗原タンパクを発現させた遺伝子組換え細菌を、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する経口ワクチンとして開発します。

 本経口ワクチンは、腸管免疫系を最大限に活用することにより、全身性の液性免疫(抗体産生)および細胞性免疫(T細胞反応)を誘導するとともに、共通粘膜免疫システムにより、経口免疫から、気道、鼻咽頭などの局所粘膜免疫(分泌型Ig A抗体)も誘導することができます。また注射針を使用しない経口投与という利便性を有し、細菌を培養するだけで簡便に大量生産が可能で、常温保存可能な凍結乾燥粉末という汎用性も有しています。

 今回のCOVID-19パンデミックに対しては、途上国も含めたグローバルな感染制御が必要不可欠であり、利便性および汎用性に優れた本経口ワクチンの開発が、その課題克服への解決策となることが大いに期待されます。

関連リンク

令和2年度 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発」(2次公募)の採択課題について