JST(科学技術振興機構)2020年度戦略的創造研究推進事業(CREST)「コロナ基盤」の研究代表者が決定し、本学から1件の申請課題が採択されました。

研究代表者・研究課題名

【CREST】
 システム情報学研究科 坪倉 誠  教授 

 研究題目:スパコンによる統合的飛沫感染リスク評価システムの開発と社会実装
 (研究領域:異分野融合による新型コロナウイルスをはじめとした感染症との共生に資する技術基盤の創生)

戦略的創造研究推進事業(CREST)とは

戦略的創造研究推進事業:
我が国が直面する重要な課題の克服に向けて、挑戦的な基礎研究を推進し、社会・経済の変革をもたらす科学技術イノベーションを生み出す、新たな科学知識に基づく創造的な革新的技術のシーズ(新技術シーズ)を創出することを目的としています。

CREST:
国が定める戦略目標の達成に向け、研究提案を公募により選考し、研究代表者が複数の共同研究グループを組織し実施するネットワーク型研究です。

関連サイト

(学術研究推進室URA、研究推進課)