AMED(日本医療研究開発機構)2021年度革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST、PRIME)新規採択課題および研究代表者が決定し、本学から3件の申請課題が採択されました。

研究代表者・研究課題名

【AMED-CREST】医学部附属病院・片山 義雄 講師

 研究題目:高齢者難治性骨髄疾患を担う神経ネットワークの探索と機能解析に基づく臨床応用のための技術基盤の創出
 (研究領域:マルチセンシングネットワークの統合的理解と制御機構の解明による革新的医療技術開発)


【PRIME】医学研究科・久保 亮治 教授

 研究題目:若年期体細胞モザイクの発生要因・拡大原理の解明とその制御による新規治療基盤の創出
 (研究領域:健康・医療の向上に向けた早期ライフステージにおける生命現象の解明)


【PRIME】医学研究科・篠原 亮太 講師

 研究題目:ストレスレジリエンスの個体差を生み出す分子・神経回路基盤の解明
 (研究領域:健康・医療の向上に向けた早期ライフステージにおける生命現象の解明)

革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST、PRIME)とは

戦略的創造研究推進事業:
革新的な医薬品や医療機器、医療技術等を創出することを目的に、組織の枠を超えた時限的な研究体制を構築し、画期的シーズの創出・育成に向けた先端的研究開発を推進するとともに、有望な成果について研究を加速・深化します。

AMED-CREST:
画期的シーズの創出に向けて国際的に高い水準の成果を目指すもので、研究開発代表者を筆頭とするユニット(研究者集団)で研究を推進します。

PRIME:
画期的シーズの源泉となる成果の創出を目指すもので、研究開発代表者が個人で研究を推進します。

関連サイト

(学術研究推進室URA、研究推進課)