神戸大学バリュースクールの坂井貴行教授を研究代表者とする研究グループが、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)科学技術イノベーション政策のための科学・研究開発プログラム(共推化枠)」に採択されました。共進化枠は、客観的根拠に基づく政策形成の実践に将来的に結びつきうる成果の創出を目的とし、政策課題の解決方法の探求や既存の施策の改善に向けて、科学的知見をはじめとした具体的な知見の創出と提供を目指す取り組みが対象です。

研究プロジェクト

大学発シーズの上市に関わる価値連鎖診断プロトコルの開発と実装


 神戸大学バリュースクール 教授 坂井 貴行(研究代表者)
 京都大学経営管理大学院 教授 山田 仁一郎
 和歌山大学経済学部 講師 林 侑輝
 独立行政法人経済産業研究所 上席研究員 池内 健太

概要

これまでに地方大学の産官学連携の活性化に関しては、様々な施策が講じられており、一定の成果を上げてきているが、今後、さらに地方大学の産官学連携の活性化を促すためには、これまでブラックボックス化されていた技術移転アソシエイトの具体的な活動内容を明らかにし、各地方大学が抱える活動のボトルネックを組織マネジメントレベルで明らかにする必要がある。
本プロジェクトでは、研究代表者グループによるこれまでの研究成果を活用して技術移転アソシエイトの価値創造活動を適切に分類することで、地方大学の大学発シーズの上市に関する成功要因の可視化を行う。個々の地方大学の実情に応じた適切な施策立案と戦略的ターゲットの策定等への寄与、また、政府が行う大学等における産学連携の状況把握への貢献を目指す。

関連サイト

JST「戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)科学技術イノベーション政策のための科学  研究開発プログラム

 

(バリュースクール、学術研究推進室URA)