神戸大学が参画している京阪神スタートアップ アカデミア・コアリションが、JSTスタートアップ・エコシステム形成支援に採択されました。このプラットフォームには、神戸大学からは河端俊典理事を代表として、鶴田宏樹准教授(バリュースクール)、祗園景子准教授(バリュースクール)、藤井信忠准教授(システム情報学研究科)が主に参加し、アントレプレナーシップ人材育成プログラムの体系化やフィールドワークを通じた問題発見型プログラムの開発を京都大学や大阪大学と共同で行います。

採択プラットフォーム・参画機関

京阪神スタートアップ アカデミア・コアリション


<主幹機関>
京都大学

<共同機関>
神戸大学 大阪大学 大阪府立大学 大阪市立大学 大阪工業大学 関西大学 近畿大学 立命館大学 奈良先端科学技術大学院大学 兵庫県立大学 関西学院大学 甲南大学 大阪産業局 京都知恵産業創造の森

概要

京阪神における複数の大学・自治体・商工会・金融機関などが協働してアントレプレナーシップ人材の育成やスタートアップの支援・環境整備を進めることで、エコシステムの形成・発展を図ります。特に、神戸大学では、フィールドワーク(現場に赴いて観察したり、当事者にインタビューしたりすること)による体験を重視した教育プログラムを開発し、社会の問題にじかに触れて課題を探索し、解決策を創り上げることを通じて価値を生み出す人材の育成を目指します。

関連サイト

(バリュースクール、研究推進課)