神戸大学都市安全研究センターは、感染症治療における菌種推定と抗菌薬選択支援を可能とする人工知能(AI)の開発に向け、ネクスジェン株式会社(代表取締役:中島正和)および国立研究開発法人国立国際医療研究センター(NCGM)との共同研究開発を開始しました。

研究概要

 本共同開発では、グラム染色画像等の患者情報をもとに AI(機械学習/深層学習アルゴリズム)による形態学的評価を行うモデルを確立し、迅速かつ簡便に早期菌種推定および抗菌薬選択を支援するシステム構築を目指します。

 まず、泌尿器系感染症を対象とし、グラム染色画像による菌種推定と適切な抗菌薬選択の実現を図ります。将来的には、対象検体の拡大とともに、医療機器プログラムとしての承認取得を目指します。

 早期の事業化を目指しており、将来的には国内外の企業、アカデミア、その他関連機関等との連携を通じ、新しいデジタル技術の開発により、薬剤耐性(AMR)問題や感染症薬の適正使用等に貢献していく予定です。

研究助成

 本プロジェクトは、東京都の先端医療機器アクセラレーションプロジェクト(AMDAP)に採択されました。

 ビジネスプラン名:AI画像解析技術を活用した細菌感染症の診断・治療プラットフォームの構築

関連リンク