研究の内容

図1.ブースター接種前後におけるBA.2株に対する中和抗体価の比較

 新型コロナウイルスmRNAワクチン(Pfizer/BioNTech BNT162b2)の2回接種を完遂した神戸大学病院の医師 40人(中央値46歳)を対象として、ワクチン接種後約7ヶ月の時点のBA.2に対する中和抗体価を測定しました。その結果、平均中和抗体価は1.1であり、接種者のほとんどにおいて中和抗体がないか、あるいは非常に低い抗体価であることが示されました。

 一方、3回目の接種(ブースター接種)後には、全員がBA.2に対する中和抗体を有しており、平均抗体価も33.7と大きく上昇しました。

今後の展開

 この研究で、ワクチンのブースター(3回)接種はBA.1株と同様、BA.2株に対しても中和抗体を強く誘導することが示されました。これはmRNAワクチンの追加免疫がSARS-CoV-2変異株に対する高い交差中和反応を誘導することを裏付けており、今後BA.1株に置き換わり流行が危惧されるBA.2株の感染拡大を抑える上で、鍵であることを示唆しています。

 一方で、ブースター接種により獲得された中和抗体の持続に関しては不明であり、新規の変異株が出現する可能性も懸念されます。引き続きCOVID-19の終息に向けて、ワクチン接種者の中和抗体の経時的変化を評価することが必要と考えられます。

謝辞

 本研究は兵庫県からの支援を受けて実施されました。

論文情報

タイトル
As well as Omicron BA.1, high neutralizing activity against Omicron BA.2 can be induced by COVID-19 mRNA booster vaccination
DOI:10.1093/infdis/jiac159
著者
Lidya Handayani Tjan, Koichi Furukawa, Yukiya Kurahashi, Silvia Sutandhio, Mitsuhiro Nishimura, Jun Arii, Yasuko Mori
神戸大学大学院医学研究科 附属感染症センター 臨床ウイルス学分野
掲載誌
The Journal of Infectious Diseases

関連リンク

【兵庫県における新型コロナウイルス大規模血清疫学調査】

【研究ニュース】