阪神・淡路大震災30年特設ページ

2025年1月17日で阪神・淡路大震災の発生から30年となります。神戸大学は被災地の国立大学として、防災・減災や復興にかかわる研究に取り組み、研究成果の発信、地域社会への貢献を進めてきました。震災30年の節目に向け、2023年11月には「神戸大学阪神・淡路大震災30年事業委員会」(委員長:藤澤正人学長)を設置し、今後の研究や教育、教訓の継承につながる幅広い事業を企画しています。

神戸大学は、震災で学生と教職員合わせて47人を失いました(旧神戸商船大学を含む)。その経験は常に研究の原点にあり、震災にかかわる資料の保存・継承、さまざまな被災地への支援活動にもつながっています。国内外で大災害が頻発する今、全学的な蓄積や取り組みを次世代に伝えるため、この特設ページを開設しました。

お知らせ

関連リンク

SDGs

  • SDGs11
  • SDGs17

    SHARE

    • Facebook
    • X
    • LINEで送る